DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】新生転生「長老ピピット」はみんなにベホイミが便利!マホトラウィンドでアタッカーにも!

新生転生 長老ピピット

長老ピピット

2021年1月21日、長老ピピットに新生転生が追加されました!

明らかにヒヒュドラードを意識した性能になっていますが、その2日後に実装されたアレフガルドの伝説で環境が一変してしまい、イマイチ活躍の機会を逃してしまった感があります。

とはいえ、他のモンスターには真似できない特殊な能力を持っているので、今後も環境次第で使える可能性は大いにあります。

長老ピピットがどのように使えるのか考察します!

風のしょうへき(MP58)

全体を1ターンの間、呪文をはね返す状態にしつつ、防御力と素早さを1段階アップする特技です。しかも先制発動します。

簡単に言えば、先制マホターン+スクルト+ピオリムですね。スクルトはともかく、先制でマホターンを張れるのはすごすぎます。

ピオリムを剥がされないようにすれば次のターンに先手も取れるし、非常に優秀な特技です。

行動順は先制攻撃系の特技よりも先なので、ヒヒュドラードをはじめとした、伝説ゲマ、ディアノーグエースあたりのちょっと前に流行ってた先制呪文パーティはピピットには手も足も出せません。

ちなみに、水着クシャラミはこうどうはやいでマホターン持ちですが、それだと奇襲の邪弾より先に動くことができません。

アストロンとの順序

先制の補助特技と同じ発動順です。

つまり精霊の守りやマインドバリアと同じなので、リバース時でも先制します。

補助系の先制特技で同じ発動順の特技を複数使うと、攻撃系の先制特技と違って左から順番に発動していきます。

この発動順の特技にはアストロンも含まれるので、ピオリムをかけつつアストロンすることができます。

エッグラ&チキーラのエッグラダンスとオリハルゴンを組み合わせるパーティがありましたが、それと同じようなことができます。

今はいてつく系の特技といえば極光の舞いが主流で、ダメージなしのいてつく系が少ないこともあり、意外とハマるかもしれません。

マホターン+ピオリムは高難易度クエストでも使う機会がありそうな予感がしますね。

マホトラウィンド(MP48)

ランダム3回のバギ系呪文ダメージを与え、ダメージの10%のMPを吸収する特技です。

効果だけ読むと攻撃回数が3回だし、MP吸収10%だしそんなに強くなさそうに見えますが、これがなかなか強いです。

一発ずつの威力がバギマータよりも高く、合計ダメージは5回攻撃のバギマータとそれほど大きく変わりません。賢さキャップもマータ系と同じです。

なので、MP吸収が付いたバギマータみたいな感覚で使えます。風の使い手が付いたこともあり、普通にアタッカーとしても活躍できます。

ピピットは全体的に消費MPが重い特技が多いですが、マホトラウィンドでMPを回復でき、長期戦にも強いのがメリットですね。

MP切れに弱いと言われているアレフガルドの伝説がバギ等倍なので、この辺りも意識して調整されているのかもしれません。

その他の特技

  • スーパーアーマー(MP78)
  • 暴風の舞(MP41)
  • ザオリク(MP120)
  • 精霊の守り(MP60)

新生転生前に覚える4つの特技から、2つ引き継ぐことができます。

無難な組み合わせは、スーパーアーマーとザオリクですね。クエストでしか使わないならこれで間違いないです。

ピピットは素早さがかなり高いので、先手でスーパーアーマー(マジックバリア+フバーハ+スクルト)はマスターズGPでも非常に効果的です。

ザオリクは早すぎても使いにくいことがありますし、マスターズGPで使う前提ならこの枠をカスタマイズすると良さそうです。

暴風の舞は賢さ依存の踊りという変わった特技で、マホトラウィンドと使い分けはできますが、バギに片寄るのも良くないので、やはりメゾラゴンあたりが安定でしょうか。

早さを活かしてキャンセルステップも良さげです。

?

特性

  • いきなりマインドバリア
  • ウインドハート
  • みんなにベホイミ
  • 風の使い手
  • いきなりマホカンタ

新生転生でみんなにホイミがベホイミに強化されました。これがめちゃくちゃ強力です。毎ラウンド230~250くらい回復するので、クエストではヒーラーいらずになるくらい便利です。

マスターズGPで耐久寄りのパーティに組み込んだ時にも頼もしいですね。

特技の先制マホターン持ちでありながら、いきなりマホカンタまで持っています。ここまでされると、風のしょうへきを使うのかの読み合いどころじゃないです。

 

リーダー特性

  • 全属性ダメージを20%軽減

賢さアップというほぼ使い道がないリーダー特性から、全属性ダメージ20%軽減に変わります。

これはこれでなかなかピンポイントなリーダー特性ですね。

メタルゴッデスの全属性ダメージ30%減は、装備のダメージ軽減と組み合わせて100%軽減が実現できましたが、スライム系にしかかからないので使いどころが限定的でした。

ピピットは軽減率が20%でゴッデスより低いですが、全系統にかかるのでゴッデスとは別の使い方ができるかもしれません。

まとめ

新生転生前のピピットはほとんど使い道がなく、非常に残念な神獣でした。

あの頃は神獣が乱発されていて、ギスヴァーグとかグランドラゴーンとか、よくわからないモンスターが多かったですね。

それらの神獣は新生転生でかなり使いやすくなり、クエスト必須モンスターになりましたが、ピピットもそのパターンに当てはまるモンスターではないかと思います。

スーパーアーマーしながら毎ターン自動でHPを回復できるので、入れておくだけで非常に安定性が上がります。

マホトラウィンドでそこそこ火力が出せるのでアタッカーとして動けるのもグッドです。

マスターズGPでは環境とカスタマイズ次第ってところではありますが、先制マホターンは他のモンスターでは真似できないですし、一定の活躍はすると思います。

以前よりはやや使用率が落ちましたが、今でも多いラプソーン対策にもなりますしね。

今は超ウルノーガやアレフガルドばかりで呪文環境ではないですが、今後の環境次第で重要なポジションになりえるモンスターです。

▽開催中のイベント

ランクエ「人魚の試練」が開催!
72時間限定ハーフアニバーサリーフェス開催!!

ランクエ「人魚の試練」200万ポイントパーティ!

復刻版「偽りのパラダイス」を攻略!

復刻版「騒乱の竜宮城 襲来級」を攻略!

2021年7月版 呪われし魔宮 魔獣7個、深部神獣なし、体技の証入り

▽最新記事