DQMSL攻略!黒豆ブログ

ゲームや食べ物のことを書く黒豆パンのブログです。DQMSLは終了しました。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【DQMSL】超オムドで1万ポイント突破!ウェイト変動ルールで超伝説が帰ってきたぞ!さみだれ杯 第1週 ※更新

さみだれ杯

さみだれ杯

マスターズGPレジェンド、さみだれ杯 第1週はウェイト変動ルールで開催されています!

ウェイト変動ルールでは、ブレイク杯 第4週のモンスター使用率と勝率を元に、モンスターのウェイトが変化しています。

普段見かけるような強力なモンスターはウェイトが高すぎて使い物にならなくなり、実質的に制限入りみたいな感じになりますね。

以前のGPトライアルでウェイト変動が開催された時はボーナスがものすごいことになっていましたが、今回は新モンスター以外ボーナス10%固定になっていて、ボーナスの暴力で稼ぐことはできません。

 

ウェイト変動

どのようにウェイトが変わったのか見てみると、超りゅうおうのウェイトが72とかとんでもないことになっています。(画像は装備も入ってます)

普段の主力モンスターがどの程度変わっているのか調べてみました。

  通常時 変動後
闇の覇者りゅうおう 40 72(+32)
神獣王WORLD 30 54(+24)
地獄の帝王エスターク 32 55(+23)
魔壺インヘーラー 32 55(+23)
魔界の神バーン 40 60(+20)
剣神ピサロ 40 60(+20)
そして伝説へ 35 53(+18)
スライダーヒーロー 28 45(+17)
魔扉の災禍オムド・レクス 40 56(+16)
魔神ダークドレアム 32 48(+16)
ダグジャガルマ 32 48(+16)
堕天使エルギオス 32 48(+16)
DARK 30 45(+15)
かみさま 27 41(+14)
ゴア・しんりゅうおう 32 45(+13)
ディアロゴス 32 45(+13)
邪教の神ミルドラース 40 52(+12)
大地の精霊ルビス 30 42(+12)
メタルゴッデス 30 42(+12)
聖獣ムンババ 28 42(+12)
邪竜軍王ガリンガ 28 40(+12)
闇竜シャムダ 32 42(+10)
竜王 32 42(+10)
ガルマザード 32 42(+10)
ガルマッゾ 32 42(+10)
マスタードラゴン 30 39(+9)
万物の王オルゴ・デミーラ 40 48(+8)
狭間の王デスタムーア 40 48(+8)
天空竜と夢の魔女 35 42(+7)

ブレイク杯4週目は1か月以上前なので今とは環境が変わってますね。

当時は超バーンが実装された直後で、WORLD・超バーン対策にインヘーラーが刺さっていたため、インヘーラーのウェイトがやたらと重くなっています。

ブレイク杯はブレイク系のボーナスが一律20%付いたのでマ素パーティがよく使われていましたが、その割には他のモンスターほど上がり幅が大きくないような感じはします。

ウェイト+10くらいまでなら頑張れば使えますが、+11以上になるとよっぽどじゃないと使いにくくなりますね。

パーティ考察

さみだれ杯

自分が組めるパーティで使えそうなのは物質でしょうか。

ダークマターやヒムのウェイトが下がっているので、普段より組みやすいはずですが、ルールがウェイト130なのでキングミミックまでは入りません。

なのでダーティードールを入れてみました。

この編成だとファイナルウェポンリーダーで上から押しつぶす方が強いと思うんですが、自分はヒムの☆がないのでマターリーダーの耐久型にせざるを得ず、イマイチポイントを伸ばせません。

カイザー3までは上がれましたが、そこから積むのは難しそうです。

モンスター使用率ランキングを見てみると、開催直後は物質や魔獣が多くて系統パーティが強い感じだったのですが・・。

1日経たずして超伝説だらけになってきました。

さみだれ杯

超伝説の中では、アバン、ゼシカ、アリーナはウェイト変動で軽くなっていて、超魔王は超ウルノーガと超ハーゴンはウェイトが軽くなっています。

しかも、今週はモンスター制限がかかっていないので、超伝説3体パーティを組むこともできるんですよね。(34×3=102)

天敵のエスタークはウェイトが高すぎてほとんど使われてないし、そうなると超伝説が人気になるのも納得です。

さみだれ杯

???系では、ミルドラースのウェイトがめちゃくちゃ低くなってます。16ってBスタと同じですからね。

超オムドパーティに入れてやまびこ行動してくるのをけっこう見かけます。

あとはザラームとかゾーマも軽めで使いやすいので、超オムドパーティは成立しやすいようです。

マジェス・ドレアムはウェイト24まで下がっています。

ブレイク杯 4週目は神獣王・超伝説1体制限がかかっていたので、WORLDやルビスの優先度が高く、マジェスを使う人はほとんどいなかったんですね。

当然ながらマジェス自体が弱くなったわけではないので、今週は超伝説パーティの剥がし役として非常に使いやすくなっています。

ということで、今週は超伝説パーティか、その対抗になる超オムドパーティが環境の中心になっています。

超伝説パーティはカンダタとガップリンを入れてる構成をよく見ます。この2体は自動バフも強いだけでなく、ボーナスが30%付くのが美味しいですね。

☆がしっかりしていればファーラットなど速攻リーダーにしても強いと思います。

超オムドパーティはミルドラースのギラグレイドが主力の超伝説3体に刺さるのが強いです。呪文に片寄るとマジェスが倒せないので、体技が欲しいところでしょうか。

1万ポイント突破 ※更新

さみだれ杯

結局、超オムドパーティにしました。

特技の改造は必須で、ミルドラースにパニッシュメント、オリハルゴンに天の裁きを付けています。

このパーティのポイントはドラゴンマッドですね。間違いなく。

主力がミルドラースだけでは火力が足りなかったり、属性相性が悪くてにおうだちを突破できなかったりします。

そこで素早さが遅くてリバースで最速で動けるこいつがかなり優秀です。

さみだれ杯

ドラゴンマッドの特技は、炸裂斬、ギガブレイク、ショックウェーブにしました。

とりあえず攻撃力依存で適当に付けられる特技ってことで、炸裂斬とギガブレイクを付けました。

しかし、これだけではリバース後に属性相性が合わないとにおうだちを突破できず、状態異常が欲しかったのでショックウェーブを付けました。

本当はおぞましいおたけびがベストですが、在庫がなかったので妥協です。

これでにおうだちを突破したり、足りない火力を補えるようになり、そこそこ勝てるようになってきました。

さみだれ杯

観戦コード:67892839

相手パーティが全員デイン無効なので、エレメントエラーからのギガブレイク!

デイン弱点で630ダメージくらい出てます。(シグマとアバン防御してます)

さらにパニッシュメントで攻めつつ、天の裁きでマジェスのくじけぬ心を割って、サイコストームでバーバラを追い込む、といった流れになります。

さみだれ杯

観戦コード:62527677

超伝説にはミルドラースのギラグレイドが刺さります。

ドラゴンマッド+ギラグレイド1発目で1回落とし、やまびこ行動が2回出れば復活後のダメージ軽減の上からでもひん死まで追い込むことができます。

ただ、HPリーダーで超伝説が複数入っているとリバース後に落とし切れるとは限らず、2ターン目の超オムドの行動選択がかなり重要になってきます。

かくせいリバースをかけて3ターン目も先手を取って倒すのか、エレメントエラーで敵の攻撃に耐えるのか、それともタイムストームでゴリ押しするのか、零時の儀式で変身を狙うのか、状況判断に失敗すると普通に負けます。

相手にカンダタが入っていると賢さデバフで全然火力が出なくなるのが厄介ですね・・。

さみだれ杯

超りゅうおうやWORLDがほぼいないので、普段のルールに比べればまだ超オムドでも勝ちやすいと思います。

ただ、こちらも竜王が使えないため、火力不足をどうするか、ってのが課題になってきます。

あとはボーナスポイントが+50%で固定になってしまうのもきついです。連勝しないとなかなかポイントを積めません。

カンダタ、ファーラット、ガップリン、バラモスゾンビを使えば1体で+30%付くので、効率よくポイントを積むにはこの辺が重要になるのでしょうか。