DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】マ素パーティにおける凶ライオネックの重要性を解説します。納涼杯 第2回マスターズGP

マガデイン

マ素パーティ ボーナス低い

2021年6月11日、ガルマッゾ、凶ブオーン、凶ライオネックが新生転生し、マ素パーティが大幅に強化されました!

第3回神獣杯では新生&調整モンスターにボーナスが50%付いたので、強いかどうかはともかく非常に効率よくポイントを積むことができました。

翌月の第2回DQMSL杯でもまだ新生ボーナスが30%付いていて、なんとか戦えるくらいのポイントは稼げました。

納涼杯ではどうかというと、主力のガルマッゾとガルマザードが0%に、凶ブオーンも10%になって全く稼げなくなってしまいました。

よく使っていたじめじめバブル、ケトス、宵闇の魔人なんか当然ボーナス0%で、これではカイザーに上がることすら危ういです・・。

マガデイン入りマ素パーティ

そこで凶ライオネックの出番です!新生ボーナスが切れたのにまだ30%付くという人気のなさです。とても新生転生して2か月とは思えません。

そんな人気のない凶ライオネックですが、決して弱いわけではありません。使えば使うほどだんだんとその良さがわかってきました。

ハーフアニバメダルの童子・ブレイク交換券でゲットしようか悩んでいる人も多いと思うので、凶ライオネックがマ素パーティでどう使えるのか紹介していきます!

 

マガデインが楽しい

凶ライオネックが最も強く、美しい瞬間はマガデインを華麗に決める時です。このためにGPをやっているといっても過言ではないくらい気持ちいいです。

マ素浸食で深度1にすると、デイン等倍に約1000ダメージ与えることができ、しかも反射・軽減無視のため、みがわりするくらいしか対策することができません。

上手く決まれば先手で1体落とすことが可能です。まぁ大抵はAみがわりが入っているので、どこを守られるかの読み合いになって簡単には通せないのですが・・。

強力な剥がし持ちを先手で倒す

エルギオスにマガデイン

主に有効なのはエルギオス、魔王ウルノーガですね。あとは魔獣パだとヘルゴラゴも落とせます。

こういった剥がし持ちを先に落とすことで、凶ブオーンのブレイクアーマーを残すことができ、耐久力を保てるようになります。

超ミルドラースもデイン等倍で通せますが、HPアップリーダーだと微妙に削りきれないことが多いです。

こういうギリギリ落とせない相手は、ようせいの杖や、強戦士ハート・闇を装備することで落とせる場合があります。

超ウルノーガは勇者のつるぎで

超ウルノーガには勇者のつるぎ

それでも落とせないのが超ウルノーガですね。やつはダメージ軽減特性(ライトメタボっぽいやつ)を持っているので、深度1では絶対に落とすことができません。

勇者のつるぎで使い手状態にするとデイン弱点を狙えるようになり、ほぼほぼ落とせるようになります。

従来のマ素パーティでは超ウルノーガに変身されると対処が難しく、無属性無効が解除されるまで待つか、凶ブオーンのギラ踊りで削るしか出来なかったです。

ですが、マガデインならどんな状況からでもほぼ一発で落とすことができるのです。これが凶ライオネックを使う理由のひとつですね。

天界宵闇も落とせる

たまーに見かけるかみさま+宵闇の魔人のセットですが、天界の守りを張られてもマガデインならダメージ軽減を無視してそのまま落とすことができます。

しかも封印の呪いを凶ライオネックが受け止めてくれるので、ガルマッゾの体技無効と50%ダメージ軽減を残せるってのが大きいですね。

深度3で半減も確殺

マガデインは深度1で2倍、深度2で3倍、深度3で4倍の威力になります。

2ターン目以降は凶ボディ・ガンマの呪文ダメージ1.2倍がなくなりますが、それでも深度3ならデイン等倍に1660ダメージ、半減でも830ダメージ出せます。

ガルマザードとガルマッゾを入れておけば、2ターン目には高確率で深度3まで上がっているので、デイン無効・吸収以外の相手はほとんど一発で倒すことができます。(呪文防御が上がってなければ)

☆はあった方がベター

ただ、凶ライオネックの耐久力では2ターン目まで生き残るのが難しいっていう致命的な欠点があります。

もし生き残ったとしても2ターン目はロケットスタートがかからないし、みかわし100%も消えてしまうので、動く前にやられることが多いです。

☆を重ねると、ある程度は耐久力が上がるし、素早さも上がって2ターン目に動ける可能性は上がります。そのため、凶ブオーンよりも☆付けの優先度は高いと思います。

苦手な相手も多い

マガデインで相手が動く前に1体落とせるのが強みですが、耐性的に相性が悪い相手にはどうにもなりません。

強い相手には強いけど、弱い相手には何もできず、かなりじゃんけん要素が強いです。

ケトスは苦手

ケトスにマガデイン

ケトスはデイン耐性が無効なので、マガデインでは落とすことができません。

神獣王の防壁で呪文防御を上げられると、中身のモンスターも一発では倒せなくなります。どっちの行動を取られても倒すことができません。

けがれた狂風はみがわり無視で当たってしまうので、バギブレイクを活かしてバギクロスやバギラを覚えさせると空中ふゆうケトスは突破できますね。

他にもスラキャンサーとか伝説ゴーレムとかデインで突破できないにおうだちはけっこういるので、4枠目に呪文を付けるのはありです。

悪魔は苦手

マガデインで落としたいのに落とせないのは悪魔パーティですね。

タイタニスを先に落としてしまえば厄介な特性を発動させずに済むのですが、ドルマゲスが入ってるだけでデイン耐性が1段階上がってしまいます。

それにより、勇者のつるぎでもデイン弱点を突くことができず、一撃で落とすことができません。

悪魔はマガデインを狙うより、マインドブレスで行動停止を狙った方が勝てることが多い気がします。

自然も苦手

自然パーティに対して凶ライオネックがやれることはあまりないです。

メタルスコーピオンやダゴンはデイン無効なのでマガデインは受け止められてしまうし、マインドブレスもまず効きません。

天風の陣やガイアシールドのタイミングを外せれば、災禍のマ瘴やらあらしの乱舞で落とせるかも、って感じですね。

凶ライオネックはけがれた狂風でマ素深度を上げるくらいしか使えません・・。

スライムも苦手

スライムパーティは属性耐性が良く、メタル系以外もほとんどデイン耐性を持っています。そのためマガデインが刺さることはほぼないです。

マインドブレスで行動停止を狙うか、けがれた狂風でマ素深度を上げて災禍のマ瘴やこうせきおとしの威力を上げるサポートになりますね。

上手い人はいい感じの早さで光のはどう・ベホマラー・いやしの光を差し込んでくるし、今の環境でスラパを使い続けているのは歴戦の猛者しかいないので、小手先の技では通用しないことが多いです。

とくぎ転生するなら?

凶ライオネック

凶ライオネックは7~8割はマガデインしか使いません。そのくらい強い特技です。

どうしてもマガデインが通らない時に、けがれた狂風でマ素深度を上げるか、マインドバリアがないパーティにはマインドブレスで行動停止を狙います。

とくぎカスタマイズが必要なのはこのどれにも当てはまらない時なので、実際のところあまり必要になったことがないです。

とくぎプラスを付ける時に4枠目を外して、ずっとそのまま使ってるくらいです。

あえてカスタマイズするなら何が必要かを考えてみます。

バギ系呪文

バギブレイクを持っているので、バギクロス、バギラ、メラゾロスは定番かなと思います。

けがれた狂風でも威力としてはいいんですが、みがわり無視なのでみがわりやにおうだちに集中して当てられないのが困ることがあります。

ガルマザードを入れないタイプのマ素パーティなら、初手から火力を出せる呪文はあった方がいいと思います。

キャンセルステップ

ロケットスタートに持たせたい特技といえばキャンセルステップですね。

悪魔パーティなんかはやたらとバフの種類が多いので、それを一気に剥がせばこちらの攻撃も通しやすくなります。(禁忌の封印も剥がれるので諸刃の剣ですが)

ガイアシールド+メタスコにおうだちにも有効ですし、使える場面はけっこうありそうです。

マホカンタ・おいかぜ

実は自分はじめじめバブルを使ってた時に、マホカンタとおいかぜを仕込んでましたが、これがなかなか使えます。

におうだちにおいかぜをかけておくと、アレフガルドやアリーナがブレスで自滅してくれたり、ブオーンにかけて魔壺の呪縛の体技封じ+攻撃ダメージ減少を防いだり、ガルマッゾにかけてボイドブレスを防いだりできます。

マホカンタはにおうだちにかけるとしんりゅうがアルマゲストで自滅してくれるし、ガルマッゾにかけるとラプソーンに対してほぼ無敵になります。

ただ、これはウェイトが低いじめバブだから成立するのであって、ウェイト25使って反射を仕込むのももったいないです・・。

ダイヤモンドダスト

凶ライオネックは呪文に偏りがちなので、呪文以外の攻撃手段が欲しい時があります。

ロケットスタートにダイヤモンドダストを付ければそりゃ強いですよ。

におうだち突破にも使えるし、アレフや超ノーガを眠らせたりも出来るし、夢が膨らみます。

タマゴの入手が難しいことが難点ですね。

まとめ

納涼杯の戦績

凶ライオネック入りマ素パーティで、雅★3に到達することができました!

今月マ素パーティを使ってる人がほとんどいないことからもわかるように、正直なところ強いか弱いかで言ったらあまり強くはないと思います。

ですが、刺さる相手にはめちゃくちゃ刺さるし、決まると超気持ちいいのがマガデインです。

自分のように超魔王や超伝説が揃っていなくても、マッゾ&マザードがいればあとは無☆の凶ブオーンと凶ライオネックで十分通用するパーティを組めます。

マ素パーティを使いたくて、凶ブオーンと凶ライオネックで迷ったら凶ブオーンの方が優先ですが、すでに凶ブオーンを持っているなら凶ライオネックはオススメできます。

個人的にはブレイク交換券で☆2くらいまで重ねたい気持ちになってますが、そこまで凶ライオネックに入れ込むのもどうかな、とも思ってます。

新生ボーナスが抜けてからガルマッゾ以外のブレイクモンスターを使ってる人はあまり見かけないですし、来月以降はもっとボーナスポイントが増えることに期待したいですね。

▽開催中のイベント

「小さな竜の大芝居」開催!スタドラ登場!
「1週間限定超伝説登場記念ふくびき」開催!

「トーポの道」地獄級&襲来級を攻略!

「トーポの試練」を攻略!3ターンで皆伝!

「竜の秘境」地獄級3ターン&みんぼう1ターンで攻略!

2021年9月版 呪われし魔宮 討伐縛り8個、ドラゴン縛り12個、スライム縛り13個

▽最新記事