DQMSL攻略!黒豆ブログ

ゲームや食べ物のことを書く黒豆パンのブログです。DQMSLは終了しました。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【DQMSL】「ファーラット」は超高速ピオリーマ持ちでキングアズライルと相性抜群!パニックはにじくじゃくで対策可能!

ファーラット

ファーラット

異世界の扉ではファーラットを仲間にすることができます!

転生先がないBランクという非常に珍しいモンスターで、めちゃくちゃ素早さが高いかわりにとくぎ転生ができず、かなり尖った性能になっています。

新おまけ装備のはどうのツメを装備する前提といってもいいかもしれません。

ファーラットはどのように使えるのか考察します!

覚えるとくぎ

  • ピオリーマ
  • タップダンス
  • ラリホー
  • ベギラマ

覚える特技は既存の使いまわしのみですが、Bランクにしては強力な特技を覚えます。ピオリーマとタップダンスをウェイト6で使えるってのはなかなか衝撃的ですね。

ピオリーマはキングアズライル魔獣パーティと相性がいいです。

素早さ2段階アップがかかると素早さが2倍になるので、一族の爪牙による通常攻撃素早さ依存の威力を大幅に上げることができます。

魔獣パーティはWORLDやシャムダなどの先制特技持ちが苦手ですが、そういう相手にはタップダンスに切り替えられるのも便利ですね。

ラリホーやベギラマに関してはまず使うことはないと思います。

普通のモンスターならとくぎ転生でカスタマイズして自由枠として使うところですが、ファーラットはBランクなのでとくぎ転生ができません。

ウェイト6でダイヤモンドダストやキャンセルステップまで付けられるようになったら便利すぎるなんてもんじゃないですからね。そこは仕方ないです。

実質的に2個しか特技が使えないようなものですが、おまけふくびきに登場したはどうのツメを装備すれば、4番目の特技をプチ神のはどう(単体上位はどう)に変えることができます。

ファーラットを使う上でははどうのツメの有無で立ち回りの幅がだいぶ変わってくると思います。

ステータス

  ☆0 ☆4
HP 402 475
MP 116 140
攻撃力 119 143
防御力 111 135
素早さ 478 560
賢さ 144 170

ファーラットはHPと素早さ以外すべて100台というめちゃくちゃ尖ったステータスになっています。

☆4で素早さ560というとえんまのつかいとほぼ同じ素早さ帯で、低ランクはレベル上限を超えた時のステータス増が大きいため、最大レベルまで上げるとものすごい早さになります。

つねにこうどうはやいの特性を持っているので素早さはあんまり関係ないような気がしないでもないですが、キングアズライルの特性で通常攻撃素早さ依存とAI行動+1回がかかるので無意味ではありません。

また、こうどうはやいが複数いる時は素早さが高い方が先に動くので、例えばアルシオンやハヌマーンと組み合わせる場合も先にピオリーマをかけたりできるわけですね。

耐性

メラ 弱点 普通
ヒャド 半減 ねむり 半減
ギラ 普通 混乱 普通
バギ 無効 マヒ 普通
イオ 普通 ザキ 普通
デイン 普通 マヌーサ 普通
ドルマ 半減 マホトーン 普通
    息封じ 普通

耐性は全体的にどうしようもないです。

Bランクなのでそこは割り切るしかないです。

特性

  • パニック
    (ラウンド開始時に確率で自分が混乱)
  • つねにこうどうはやい
    ※レベル76で習得

パニックの特性により、毎回確率で混乱してしまいます。

プチタークのウトウトからのはんげきのつるぎみたいに眠り状態でダメージアップみたいなメリットがあるわけではなく、完全にデメリットしかありません。

しかも、けっこう発動率が高いです。

ファーラット

4体で20ターン試してみたところ、パニックが合計41回発動しました。

80判定で41回ということで、おそらく確率は50%程度と予想されます。

せっかく早く動けるのに、50%でしか動けないのはちょっと厳しいですね・・。

ファーラット

にじくじゃくと組み合わせることで、メダパニバリアにより混乱を防ぐことができます。

この時、にじくじゃくをファーラットより左側に配置するのがポイントです。

特性は左側から順番に発動していくので、ファーラットを左側においてしまうと先にパニックが発動してしまいます。(メダパニバリアに解除効果はないです)

にじくじゃく入りで魔獣5体以上で組むと勝手に素早さが1段階上がるため、ファーラットのピオリーマの効果が実質1段階になるのがなんか惜しいです。

超魔王などを入れて魔獣4体以下でしか組めない時ならいいかもしれないですね。

リーダー特性

  • 素早さ10%アップ

Bランクで素早さ10%リーダーはかなり優秀です。

他にはおまつりホイミンとライムスライムも同じリーダー特性を持っていて、素早さリーダーのウェイトを圧縮したい時に使われることが稀にありました。

おまつりホイミンでは全く戦力にはならなかったですが、ファーラットならピオリーマやタップダンスで最低限の仕事はこなせます。

まとめ

ファーラットは魔獣パーティに入れてキングアズライルと組むことで強さを発揮するモンスターです。

ピオリーマで素早さアップして通常攻撃の火力アップ、先制特技持ちにはタップダンス、はどうのツメがあれば先制で単体上位はどうも可能で、無駄のない動きができます。

基本的には魔獣パーティ用ですが、素早さ10%アップで普通の速攻パーティの低ウェイトリーダーとしても使えなくはないです。

ただ、パニックの発動率がけっこう高いので、にじくじゃくと組んでメダパニバリアを付けないと動けないことが多いです。

普通の速攻パーティだとにじくじゃくを入れる余裕はないし、リーダー特性のみと割り切った方が良さそうですね。

つねにこうどうはやい持ちでとくぎ転生ができたら色々できすぎるので、Bランクでとくぎ転生不可ってのはちょうどいいバランスなんじゃないでしょうか!