DQMSL攻略!黒豆ブログ

ゲームや食べ物のことを書く黒豆パンのブログです。DQMSLは終了しました。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【DQMSL】「DQMSLの旅路 2023」を攻略!過去の討伐モンスターの思い出を振り返る!

DQMSLの旅路 2023

DQMSLの旅路

DQMSLの旅路に2023が追加されました!

毎週金曜日に追加されていたDQMSLの旅路も、いよいよ最後になってしまいました。

この頃になる周回クエストも冒険者の証前提になるし、かなり難易度が上がるのでは・・?と思ってましたが、意外と難易度はそこまで高くないです。

ただ、ボス戦が少し硬くて周回向きではないかもしれません。

出現情報

DQMSLの旅路

なんと、SSランクの覚醒ルギウスが直接ドロップします。

ちいさなメダルでルギウスエッグが交換できますが、25個しか取れないので☆44を1体しか作れないと思ってました。

まだルギウスエッグを交換してなければ☆44艦隊も作れちゃいますね!

周回パーティ

DQMSLの旅路

DQMSLの旅路

道中はそんなに強い敵はいないですが、問題は3戦目の狭間の闇の王です。

かなりHPが高いので、サクサククリアさせてくれません。

デインやギラの通りがいいので、斬撃で組むならドレアムサンドにキングスペーディオや夏ピサロを入れるといい感じです。

マジェス・ドレアムのテンペストエッジが必須になります。

DQMSLの旅路

DQMSLの旅路

デインが通るということはロト&ゾーマの呪文パーティでもいいと思います。

こっちの方が狭間の闇の王を削る速度は少し早いですが、道中のルギウスのデイン耐性を下げないと少し倒しにくいのが欠点です。

あとイザヤール&ラヴィエルを入れると動作が若干もったりしちゃうのが気になるとこですね。

斬撃でも呪文でも狭間の闇の王は2ターンで突破できます。

出現モンスター

悟りの旅路

DQMSLの旅路

9周年を記念したイベント、モンスター異世界物語「願いごと、ひとつ」にて賢者シンリが登場しました。

しんりゅうが人型になった姿って、最初見た時はとんでもない方向に向かってるな?と思いましたが、今となってはDQMSLを代表するキャラクターといっていいほどになりましたね。

特技枠を全てカスタマイズ可能で、ダメージ超越でカンストを突破できたり、単体呪文ダメージアップのリーダー特性も優秀で、ランキングクエストでも欠かせないモンスターでした。

ヘルズクロウはレジェンドにじくじゃくと相性が良くて、クエストで魔獣ギラ息パーティを組むには必須なんですけど、そんなピンポイントな構成が役立つクエストは数えるほどしかありませんでした。

番人の海底宝物庫

DQMSLの旅路

DQMSLの旅路

番人の海底宝物庫ではオーシャンナーガやエビルネプチューンが登場しました。

オーシャンナーガはドラゴン系でギラ耐性を下げる特技を持っていて、マヒ特攻まで持っているので、ガリンガとめちゃくちゃ相性がいいモンスターでした。

マ瘴の財宝島で使えたり、冒険者クエストのドラゴン縛りでも活躍しましたね。

エビルネプチューンは2020年にランキングクエストで登場したモンスターで、ついに仲間にできるようになりました。

巨大スイカおとしを覚えるんじゃないかと期待していたんですが、残念ながら覚えませんでした。

冷酷な絶技は高倍率かつみかわし不可でヒャド耐性ダウン付きという討伐モンスターとは思えない高性能な特技でした。

しかし、自然系は系統バフをかけるのが難しいのと、他に物理アタッカーが少ないので、クエストで使われることはありませんでした。

GPだとルビスパーティに入れてる人をけっこう見ましたね。

覚醒の魔戦士

DQMSLの旅路

DQMSLの旅路

覚醒の魔戦士のイベントで、魔戦士ルギウスに転生先が追加されました!

バブルロイヤルキングの時もそうでしたが、数年の時を経て転生先が追加されるのって熱いですよね。

ルギウスはリーダー特性がめちゃくちゃ強くて、今後のドラゴン斬撃パーティを変えるくらいポテンシャルを秘めたモンスターだったと思います。

オトヒメの系統バフが使いづらいのと、水着アンルシアの身を焦がす眼光が1段階止まりだったのが惜しかったですね。

その2つが強化されれば物質パーティに次ぐクエスト特化系統になれた可能性があります。

ウパパロンは毒・マ素で金剛の守りの特性が面白いですが、戦略にハマってるところを見たことはないですね。

どちらかというとAランクのかいぞくウーパー運用が良かった気がします。

復讐の道化師

DQMSLの旅路

ひとつめの復讐鬼は、ひとつめピエロの変わり果てた姿です。

第3世界が追加された頃から敵役として登場して、魔帽の団がどうのこうのとかやってたんですけど、退場する時はけっこうあっさりでしたね。

邪道の怨嗟で確定執念化して、味方が倒されると復活してブチぎれる、っていうかなり面白い性能ですが、扱うのはなかなか難しかったです。

第3世界ストーリー

DQMSLの旅路

DQMSLの旅路

狭間の闇の王はけっこう前から登場することを匂わせていたんですが、まさかサービス終了のお知らせと共に出てくるとは思いませんでした。

あらゆる系統として扱われる面白い性質を持っていて、マスターズGPでは様々な系統パーティに組み込むことができます。

どのタイミングで終了が決まったのかはわかりませんが、本来は年末超魔王として実装するために、8月から系統強化の下地を作ってきたのかもしれませんね。

非常に面白い性能で使っていて楽しいモンスターなので、実装から3か月ほどしか使えなかったのはほんともったいなかったです。

そして、最後にわたぼうとワルぼうに転生先が追加されました。

ずっと一緒に冒険してきた相棒ポジションの2体が神獣王になる展開は胸が熱くなりましたね!

わたぼう&ワルぼう登場時のムービーは涙なしには見れません・・!