DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンが書いているブログです

【DQMSL】歴代のおまけふくびきに登場したレア特技や限定装備品まとめ!※11月23日更新

おまけふくびき

おまけふくびき

DQMSLにはおまけふくびきなるものが存在します。

モンスターを好きな特技でカスタマイズすることで、使いづらいモンスターを使いやすく、強いモンスターはさらに強くすることができます。

おまけふくびきでしか手に入らない限定のとくぎや装備もあり、闘技場での戦力アップには欠かせないものとなりつつあります。

過去にはどのようなおまけふくびきがあったのかをまとめていきます!

第1弾 2017年5月

報酬内容 提供割合
超マス(サイコキャノン) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(しゃくねつ) 約7%
超マス(いあい斬り) 約7%
超マス(ダメージバリア) 約7%
リーフエッグ(ギガデイン) 約7%
ドラゴンエッグ(イオナズン) 約7%
デビルエッグ(メラゾーマ) 約7%
タマゴーレム(マヒャド) 約7%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約12%
クエストスキップ券10枚 約12%
ちいさなメダル100枚 約13%

初めておまけふくびきが登場した時はものすごく衝撃的でした。

サイコキャノンで誰でも呪文アタッカーに、ベホマラーで誰でもヒーラーに、ダメージバリアで誰でも補助要員になれるというのは、革命といってもいいくらいの変化でした。

そして隠れた注目特技はしゃくねつですね。

ゲモンやフレイムドックに付けるのがS以下限定の常識になるとは、この時に予想できた人はいないでしょう。

最初の1回だけで、その後1回も復刻したことがありません。

第2弾 2017年10月

報酬内容 提供割合
昇天のヤリ 約7%
超マス(踊りよそく) 約7%
超マス(はげしいおたけび) 約7%
ワンダーエッグ(ベギラゴン) 約7%
ホネゴロン(ドルモーア) 約7%
超マス(ダメージバリア) 約7%
超マスグ(サイコキャノン) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
タマゴーレム(マヒャド) 約7%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約12%
クエストスキップ券10枚 約12%
ちいさなメダル100枚 約13%

昇天のヤリが登場しました!

この後も執念持ちのモンスターはどんどん増えていくので、この段階で手に入れた人はかなり長く使えているのではないでしょうか。

特技と違って装備は付け替えができるので寿命が長くていいですね。

後に大空の塔のハイスコア報酬でも手に入るようになりましたが、やはり+2にして100%発動にしてこそなので、おまけふくびきでの入手は重要です。

はげしいおたけびでどこからマインドが飛んでくるかわからないのは恐怖でした・・。

踊りよそくは当時蔓延していたツイストーチ対策ですね。

第3弾 2018年5月

報酬内容 提供割合
超マス(戦鬼の乱舞) 約7%
超マス(体技封じの息) 約7%
超マス(タップダンス) 約7%
超マス(精霊の守り) 約7%
くまゴロン(バギクロス) 約7%
昇天のヤリ 約7%
超マス(サイコキャノン) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
ワンダーエッグ(ベギラゴン) 約7%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約12%
クエストスキップ券10枚 約12%
ちいさなメダル300枚 約13%

この頃は半年に1回くらいのペースでおまけふくびきが開催されていました。今に比べるとだいぶ少ないです。

体技封じの息、タップダンス、精霊の守りが新登場です。やはりこういった補助系のとくぎは誰が使っても強いので息が長いですね。

戦鬼の乱舞は構えたドレアムやエスタークに有効ということだったと思いますが、つるぎのまいでも特に困ることはなかったです。

地味にちいさなメダルが100枚から300枚に増えてます。そもそも出なくていいです。

?

第4弾 2018年9月

報酬内容 提供割合
超マス(聖魔拳) 約7%
超マス(イオナズン) 約7%
超マス(バギクロス) 約7%
ドラゴンエッグ(シャイニングブレス) 約7%
超マス(サイコキャノン) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(タップダンス) 約7%
超マス(精霊の守り) 約7%
超マス(はげしいおたけび) 約7%
昇天のヤリ 約9%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

イオナズンやバギクロスが超マスターエッグで誰でも覚えられるようになってしまいました。

今まではドラゴンエッグやくまゴロンで覚えられる系統が限られていたのに、系統関係なく???系ですら覚えられます。

聖魔拳もドレアム対策ですね。この頃のドレアムは本当に強かったので、あらゆる方面で対策されていました。

この時からクエストスキップ券が削除されています。ただし秘伝書の確率も調整されています・・。

第5弾 2019年2月

報酬内容 提供割合
超マス(光のはどう) 約7%
超マス(昇天斬り) 約7%
超マス(聖魔拳) 約7%
超マス(体技封じの息) 約7%
超マス(サイコキャノン) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(タップダンス) 約7%
超マス(精霊の守り) 約7%
ドラゴンエッグ(シャイニングブレス) 約7%
奮起のツメ 約9%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

露骨にマ素対策をしてくるおまけふくびきです。

光のはどうでマ素浸食を解除したり、奮起のツメで攻撃ダメージ減少を防いだり・・。

マ素パーティといえば超速攻のイメージですが、当時は超魔ゾンビを入れるのも定番だったので、昇天斬りも有効な対策法でした。

第6弾 2019年4月・7月

報酬内容 提供割合
超マス(亡者連撃) 約7%
超マス(ボイドブレス) 約7%
超マス(精霊の守り・強) 約7%
超マス(聖魔拳) 約7%
超マス(体技封じの息) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(タップダンス) 約7%
超マス(光のはどう) 約7%
昇天のヤリ 約8%
奮起のツメ 約8%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

2019年頃からはおまけふくびきのペースが上がり、2~3か月に1回の頻度で開催されるようになりました。

精霊の守り・強は効果が2ターン続くため、普通の精霊の守りの上位互換特技と思われました。

しかし、その数か月後にはウルノーガの新生転生で、普通の精霊の守りの方が使いやすくなるという奇妙な現象が起きました。

こういうことがあるから迂闊に付け替えができないですね。

?

第7弾 2019年8月・2020年1月

報酬内容 提供割合
超マス(鉄球ぶんまわし) 約7%
超マス(キャンセルステップ) 約7%
超マス(亡者連撃) 約7%
超マス(ボイドブレス) 約7%
超マス(精霊の守り・強) 約7%
超マス(光のはどう) 約7%
超マス(体技封じの息) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(タップダンス) 約7%
心砕きのヤリ 約9%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

ついにくじけぬ心対策装備、心砕きのヤリが登場してしまいました。

竜王・アックルパーティを愛用していた自分にとっては、相手に使われると非常に恐ろしい装備品でした。

ですが、昇天のヤリほどの脅威はなかったですね。普通のムチでも代用できる範囲内だと思います。

そしてぶっ壊れ特技キャンセルステップが登場しました。あらゆる場面でどんなモンスターが使っても強いです。

もうどんな特技が出ても驚かなくなってきました。

おまけメダル 2019年11月

報酬内容 必要枚数
超マス(メゾラゴン) 5枚
超マス(バギラ) 5枚
超マス(メラゾロス) 5枚
超マス(精霊の守り・強) 5枚
超マス(サイコキャノン) 3枚
超マス(光のはどう) 3枚
超マス(はげしいおたけび) 3枚
やみのたまご(マヒアロス) 5枚
やみのたまご(メゾラゴン) 5枚
やみのたまご(せかいじゅの葉) 5枚
やみのたまご(精霊の守り・強) 5枚
やみのたまご(スカラル) 3枚
やみのたまご(はげしいおたけび) 3枚
奮起のツメ 3枚
とくぎの秘伝書 1枚
ちいさなメダル300枚 1枚

ロトの紋章コラボの限定特技を交換することができるおまけメダルが登場しました。

おまけふくびきのようなランダム性がなく、狙った景品を必ず手に入れることが可能です。ただ、強い特技はメダルが5枚とか必要になるので、結局たくさん回さないといけないという・・。

注目はメゾラゴンですね。これさえあれば超シドーに対抗できるようになります。

やみのたまごのマヒアロスはりゅう王を使うなら必須特技といっていいでしょう。

第8弾 2020年3月・5月

報酬内容 提供割合
超マス(鉄球ぶんまわし) 約7%
超マス(キャンセルステップ) 約7%
超マス(亡者連撃) 約7%
超マス(ボイドブレス) 約7%
超マス(精霊の守り・強) 約7%
超マス(おぞましいおたけび) 約7%
超マス(真・甲冑くずし) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(メゾラゴン) 約7%
心砕きのヤリ 約9%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

ロトの紋章コラボ限定かと思われたメゾラゴンが早くも再登場です。

使いやすい特技なので需要があるのはわかりますが、コラボ限定っぽかった特技をこんな簡単に復刻してもいいのかという疑問もわいてきます。

新特技はおぞましいおたけびが登場です。倍率の高さと状態異常の強さで一見するとぶっ壊れのように見えますが、実際のところケトスや物質パーティが溢れていて意外と通りにくかったりします。

S以下限定ではめちゃくちゃ強かったですが、普通のルールだと思ったほど使われてるのを見かけないです。

?

第9弾 2020年6月

報酬内容 提供割合
超マス(天の裁き) 約7%
超マス(鉄球ぶんまわし) 約7%
超マス(キャンセルステップ) 約7%
超マス(おぞましいおたけび) 約7%
超マス(真・甲冑くずし) 約7%
超マス(メゾラゴン) 約7%
リザードエッグ(ソニックラッシュ) 約7%
リザードエッグ(シャイニングブレス) 約7%
昇天のヤリ 約8%
武闘家ハート・竜 約8%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

天の裁きの超マスターエッグが登場し、誰でもくじけぬ心を対策できるようになってしまいました。

心砕きのヤリは発動回数を制限するものでしたが、天の裁きは8割くらいの確率でくじけぬ心自体を解除してしまいます。みかわし無視の体技ダメージ、っていうのがポイントですかね。

装備のように気軽に付け替えができないので、実際のところヤリの方が汎用性は高いかなと思います。

あとは系統強化で手に入ったリザードエッグやアクセサリーがおまけで手に入るようになっています。神竜強の新生転生に合わせてドラゴン強化の意味でしょうか。

昇天のヤリが2019年4月ぶりに復刻してますね。

第10弾 2020年9月

報酬内容 提供割合
超マス(鉄球ぶんまわし) 約7%
超マス(キャンセルステップ) 約7%
超マス(天の裁き) 約7%
超マス(ボイドブレス) 約7%
超マス(精霊の守り・強) 約7%
超マス(おぞましいおたけび) 約7%
超マス(真・甲冑くずし) 約7%
超マス(ベホマラー) 約7%
超マス(メゾラゴン) 約7%
昇天のヤリ 約9%
とくぎの秘伝書の地図1枚 約16%
ちいさなメダル300枚 約12%

9月12~13日にオンライン大会の予選が行われるので、それに向けての調整用という感じですね。公式大会の前はおまけふくびきの開催が多い気がします。

新たな景品の追加はなく、全て復刻になります。あまりぶっ壊れの新とくぎ追加しても環境が変わってしまうので、大会に配慮しての既存とくぎ復刻ということでしょうか。

内容的には、前回のドラゴンおまけからドラゴン要素を抜いて、ボイドブレス、精霊の守り・強、ベホマラーを入れた感じです。

今回は限定おまけタマゴセットがA・B各3000ジェムで販売され、メゾラゴンと亡者連撃が確定で手に入れられるようになっています。自力で7%のメゾラゴンを引こうと思ったらけっこうなジェムか運が必要になるので、これは嬉しい人が多いんじゃないでしょうか。

第11弾 2020年10月

報酬内容 提供割合
超マス(スパークショット) 約10%
超マス(鉄球ぶんまわし) 約7%
超マス(キャンセルステップ) 約10%
超マス(天の裁き) 約10%
超マス(ボイドブレス) 約7%
超マス(精霊の守り・強) 約7%
超マス(おぞましいおたけび) 約7%
超マス(真・甲冑くずし) 約7%
超マス(光のはどう) 約7%
超マス(メゾラゴン) 約7%
昇天のヤリ 約7%
心砕きのヤリ 約7%
とくぎバイブル 約7%

おまけふくびきに大きな変化が起きました!

なんと、大ハズレ枠のちいさなメダル300枚がなくなっています。さらに、とくぎ本の確率が16%から7%に下がり、とくぎの秘伝書からとくぎバイブルに昇格しています。

以前に比べてハズレ率が大幅に下がり、引きやすくなったのではないでしょうか。

そしてスパークショット持ちの超マスターエッグが新たに登場しています。

素早いモンスターに付けてマヒでにおうだちを突破しよう!ということらしいですが、攻撃力依存の斬撃だし、みかわし判定もあるので、そんなにうまくはいかないような気がします。

ハズレ枠を減らした分、微妙な特技を増やしたのかもしれません。

ただ、こういった特技は環境変化で使えるようになる可能性があるので、将来を見越して確保しておくっていう手はあるかもしれないですね。

?

第12弾 2020年11月

報酬内容 提供割合
魔界のたまご(ミナカトール) 約10%
魔界のたまご(極大消滅呪文) 約7%
超マス(スパークショット) 約10%
超マス(鉄球ぶんまわし) 約7%
超マス(天の裁き) 約10%
超マス(ボイドブレス) 約7%
超マス(精霊の守り・強) 約7%
超マス(おぞましいおたけび) 約7%
超マス(真・甲冑くずし) 約7%
超マス(光のはどう) 約7%
昇天のヤリ 約7%
心砕きのヤリ 約7%
とくぎバイブル 約7%

ダイコラボのおまけふくびきです。

魔界のたまごの、ミナカトールと極大消滅呪文が追加されました。

個数限定で使いづたかったミナカトールを何個でも使えるようになるのは恐ろしいですね。これからはクロコダインを見かけたらミナカトールは標準装備と思った方が良さそうです。

その代わり、汎用性の高いキャンセルステップとメゾラゴンが出なくなっています。ダイコラボメダルでお得度が上がった分、おまけの中身で調整されてる感があります。

しかしそれを差し引いてもかなりお得なおまけふくびきであることは間違いないでしょう。

まとめ

こうして振り返ってみると、物理攻撃系のとくぎは特にインフレを感じます。昔ははげしいおたけびで壊れだったのに、今ではおぞましいおたけびですからね。

戦鬼の乱舞やいあい斬りなんかも、そろそろ上位互換が出てきそうな予感がします。

呪文では、昔は系統タマゴで覚えられるモンスターが限られていたのに、今ではイオナズンやバギクロスどころか、メゾラゴンですら誰でも覚えられるようになってしまっています。

ダメージ軽減系は、ダメージバリア(20%・1ターン)、精霊の守り(33%・1ターン)、精霊の守り・強(33%・2ターン)というように順調にインフレしてますね。

装備品だと昇天のヤリは最初から強かったですが、確定執念持ちが増えたことでさらに使い勝手が上がっていってます。今ではゾンビ対策の必須装備ですね。

最近はくじけぬ系の特性が標準装備といっていいほど増えていて、ゴア・サイコピサロ、ゴア・ジェノシドー、超ハドラーといった凶悪なモンスターを対策するために心砕きのヤリも必須になってきています。

昔は特技が古くて使いづらかったモンスターがおまけ特技で再び使えるようになる、っていうコンセプトで、趣味要素が大きかった気がします。

ボーナスポイント実装以降は、いかにマイナーモンスターにレア特技を積むか、っていう実用性の部分が大きくなってきています。

公式大会でももちろん重要度が高く、今の環境に対応するにはおまけが必須です。

▽開催中のイベント

ダイコラボ「破邪の洞窟」で破邪のギガンテス!
おまけ付きダイの大冒険コラボフェス開催!

▽オススメ記事

真・ダイチャレンジ「破邪の洞窟 深部」地下1~13階を攻略!

ダイの大冒険コラボで優先的にやるべきことまとめ!

超魔王入りリセマラランキング!ダイコラボから始める人向け

2020年11月版 呪われし魔宮を攻略!14Rで???縛り12個、紅蓮4Rなど

▽最新記事

真・ダイチャレンジ「破邪の洞窟 深部」地下1~13階を攻略!

ダイの大冒険コラボで優先的にやるべきことまとめ!

超魔王入りリセマラランキング!ダイコラボから始める人向け

2020年11月版 呪われし魔宮を攻略!14Rで???縛り12個、紅蓮4Rなど

▽最新記事