DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】「祭りのおおうちわ」を作っておくべき理由!息系クエスト標準装備に!?

祭りのおおうちわ

祭りのおおうちわ

祭りのおおうちわは、ドラ猫退治のイベントで手に入る装備品です。

ドロップするのはひとりで冒険でのみですが、ボロボロ落ちるので簡単に+7を作ることができます。

討伐リスト200体を埋め終わった頃には+7が5本作れるほどでした。

実際のところ、+7を複数本作った方がいいのか、どんな場面で使えるのかを考察します!

固有効果

+7に強化すると、偶数R1.3倍息をすいこむの固有効果が追加されます。

珍しく、特に説明が必要ないわかりやすい効果ですね。

息ダメージを強化する装備はあまり多くなく、けっこう貴重な装備品です。

冒険者の証にも息系が追加されましたし、今後の息パーティにおけるスタンダードな装備になっていくんじゃないでしょうか。

ため系は重複しない

息パーティのエースアタッカーといえばレジェンドおろちですが、大蛇の構えで息ダメージを上げて一気に攻め込むような場面が多いです。

大蛇の構えの息ダメージ2倍と、祭りのおおうちわの1.3倍が合わさって2.3倍になるということはなく、倍率が高い大蛇の構えが優先されます。

瞬間的に火力を上げたい時は構えが有効ですが、平均してダメージを稼ぎたい時は構えずにずっと攻撃の方がいいくらいかもしれないですね。

なお、つねに息をすいこむのインヘーラーも、ためを足したり上書きしたりはできません。

息ダメージアップ装備との違い

  • 禁じられし息の古文書(息ダメージ+10%)
  • 禁じられし息の書(息ダメージ+5%)
  • マデサゴーラの鎧(息ダメージ+8%)
  • ドラゴンの杖(???系の息ダメージ+10%)
  • 暗殺のかぎづめ(イオ系息ダメージ+10%)

息ダメージアップの装備ってこれくらいしかありません。あとはゾンビ限定で七王剣・霊くらいです。

正確には息ダメージではないですが、覇者の首飾りはレジェンドおろちの必須装備になってますね。

禁じられし息の書は錬金込みなら15%になるし、覇者の首飾りなら25%も上がるので、祭りのおおうちわの偶数ラウンドのみ1.3倍っていうのはそこまで強くなさそうに感じます。

確かにマスターズGPであればそうなんですが、クエストだと冒険者の証やクエストに設定されている特別条件が絡んでくるので、ちょっと計算が変わってきます。

冒険者の証 息系

例えばこのように冒険者の証をセットし、それぞれレベルを最大まで上げたとします。

  • ドラゴン系+40%
  • 息30%+45%+20%=95%(横2個)
  • メラ系+30%
  • ドラゴン系メラ息+40%(斜め3個)

これで獄炎の息吹を使うと+205%になります。

リーダー特性とは合算されるので、グランドラゴーンリーダーだとしたら+35%で、合計240%アップです。

覇者の首飾りだと

この状態で覇者の首飾りを装備すると、証と装備のダメージアップは合算されるため240+25=265%になります。

つまり、通常時の威力が100だとすると、365の威力になるわけです。

25%アップという見た目の数値のわりに、思ったほど上がり幅が少ないことがわかります。

祭りのおおうちわだと

それに対して祭りのおおうちわを装備した場合、1ターン目は装備なしと変わらないので240%アップ=340の威力のままです。

そして2ターン目には1.3倍息をすいこむがかかるわけですが、これは証・装備・リーダー特性と合算ではなく、最終的なダメージに対してかかります。

つまり340に対して1.3倍なので、340×1.3=442の威力になります。

1~2ターンのダメージを平均すると391の威力になり、覇者の首飾りよりも平均ダメージが高いことがわかります。

冒険者クエストで装備の価値が変わった

このように、冒険者の証と装備・リーダー特性が合算される関係で、冒険者クエスト以降はダメージアップ系の装備品の効果が薄くなっています。

それよりも別方面でのダメージアップが重要になってきています。(攻撃力・会心・連携・ため等)

息の威力はステータスに依存しないし、会心が発生しないこともあり、1.3倍息をすいこむは冒険者クエストで求められている性能に合致した装備というわけですね。

使用上の注意

熱狂の風とは併用不可

熱血おまつりきづちが覚える熱狂の風は、ピオリーマにしつつ、息ダメージ1.3倍にする超優秀な特技です。

息版フレイシャといっていいほど息パーティの重要ポジションになりそうですね。

ただ、熱狂の風の息1.3倍と、祭りのおおうちわの息1.3倍は重ねがけすることができません。

熱血おまつりきづちを組み込む時は、祭りのおおうちわを装備しても無駄になるので注意しましょう。

マスターズGPでは微妙

祭りのおおうちわはウェイト2使うのに、素早さアップ量が初期値で10しかありません。(ウェイト0のビルダーの書と同じ)

GPで使うなら1ターン目から火力を上げたいし、素早さ上昇量も高い禁じられし息の書を使った方がいいでしょう。

祭りのおおうちわは完全にクエスト用の装備と割り切った方がいいですね。

まとめ

祭りのおおうちわは既存の息系装備に比べて強力で、クエストでは重要な装備品です。

熱狂の風を使わないパーティだと、5体全員がアタッカーになることもありそうですし、余裕があれば5本作っておいた方がいいと思います。

また、ため系の装備は、ダメージ減少を防ぐ効果を持っています。マ素浸食対策の奮起のツメとか、獣の証みたいな感じですね。

息系のダメージ減少は今のところないですが、将来的に実装された時に偶数ラウンドに確実に発動するのは便利そうです。

今のところ、息系の冒険者クエストで体技の方が有利だったり、息がそんなに強くなるビジョンが見えてないのですが、来月にはSS証も追加されますし、もうちょっと環境が変わってくるはずです。

▽開催中のイベント

「小さな竜の大芝居」開催!スタドラ登場!
「1週間限定超伝説登場記念ふくびき」開催!

「トーポの道」地獄級&襲来級を攻略!

「トーポの試練」を攻略!3ターンで皆伝!

「竜の秘境」地獄級3ターン&みんぼう1ターンで攻略!

2021年9月版 呪われし魔宮 討伐縛り8個、ドラゴン縛り12個、スライム縛り13個

▽最新記事