DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】マスターズGP「第2回神獣杯」開催!スケジュールまとめ

第2回神獣杯

第2回神獣杯

2021年2月28日(日)12時00分から、闘技場マスターズGP「第2回神獣杯」を開催します!

限定装備品「ディアノーグネイル(ランクSS)」に加え、「災厄杯」と同じ枚数の「マスターメダル」が報酬に!

さらにウィークリー順位報酬では「神鳥の羽ペン」も手に入ります!

ポイントボーナス

「第2回神獣杯」では、下記モンスターのポイントボーナスの値が50%になります。

・キングスペーディオ(ランクSS)
・ディアノーグエース(ランクSS)
・グラブゾンジャック(ランクSS)
・クインガルハート(ランクSS)
・ワイルドスペディオ(ランクSS)
※それぞれのモンスターの新生転生後の姿も含まれます。

スケジュール

第1回マスターズGP
  • ウェイト制限:120
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:超魔王・???系・超伝説1体制限
第2回マスターズGP
  • ウェイト制限:125
  • フィールド効果:マ素汚染
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:超魔王・神獣王・超伝説1体制限

フィールド効果【マ素汚染】
バトル開始時に敵味方全体がマ素状態になります。

第3回マスターズGP
  • ウェイト制限:130
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:超魔王・神獣王・超伝説2体制限
第4回マスターズGP
  • ウェイト制限:135
  • フィールド効果:なし
  • 系統ボーナス:なし
  • 特別ルール:定期大会スタンダード

特別ルール【定期大会スタンダード】
超魔王系モンスターは、計1体まで使用可能です。
神獣王系モンスターは、計1体まで使用可能です。

※第4回マスターズGPのルールは、後日実施を予定しているオンライン大会でのルールとは異なる場合があります。

 「第2回神獣杯」限定の報酬について

昇格報酬

「キング★」昇格報酬に「ダイヤオーブ(ランクS)」を追加
「ジェネラル★」「ディアノーグ★」「神獣★」昇格報酬に「マスターメダル」を追加

ダイヤオーブ(ランクS)

  • 系統:アクセサリー
  • ウェイト:0
  • 能力:素早さ+15
  • 固有効果:まれに魔力かくせい

※「ダイヤオーブ」は強化や錬金効果をつけることはできません。
※「ダイヤオーブ」を既に獲得済みの場合、2個目は獲得できません。

ウィークリー報酬

「神獣杯ふくびき券GP」を各ランクの報酬に追加
「神鳥の羽ペン」をウィークリー順位報酬に追加
※「神鳥の羽ペン」は「冒険者の証」のパワーアップ素材です。

シーズン報酬

120000位までの報酬に「マスターメダル」を追加
シーズンポイント報酬に「マスターメダル」と「ふくびき券スーパー」を追加

シーズン報酬でもらえる「ふくびき券スーパー」は、2021年2月26日(金)12時00分から開催している「七幻神・伝説フェス」です。

?

まとめ

来シーズンのマスターズGP予告が来ました!

第2回神獣杯ということで、ディアノーグネイルが復刻します!SS装備の中でもかなり使い勝手がいいので、持ってない人は絶対に確保しておきましょう。

復刻杯ではありますが、マスターメダルが新規杯と同じ枚数手に入り、神鳥の羽ペンも手に入ります。

羽ペンってかなりレア素材だと思ってましたが、こうやって毎週配られるのであれば、意外とすぐに必要数は貯まりそうですね。

それよりも他の素材が集まらなくて強化できないですし、あまり羽ペンに釣られてウィークリー順位は競わなくていいと思います。

神獣杯にちなんでトランプ神獣にボーナスポイントが50%付きます。前回はミニ神獣にもボーナスが付いていましたが、今回はそれがありません。

ディアノーグエースを筆頭とした速攻呪文パーティは環境的に厳しくなってしまいましたし、グラブゾンジャックも専用装備で復活したとはいえないし、どれを使うにしてもボーナス50%は妥当というか・・、もっと付いてようやく使うレベルだと思います。

7周年杯での王不在とか、SS2体制限、討伐王のような極端なルールはなく、比較的シンプルなルールになっています。

第1回(ウェイト120)

超魔王・???系・超伝説1体制限

ついに超伝説が制限入りです。超魔王、???系、超伝説の中からどれか1体しか使えません。

超魔王や超伝説はともかく、???系1体となると深淵の魔王やディアノーグとかも制限にかかっちゃうので、かなりパーティ編成の幅が狭くなります。

神獣王は制限に入ってないですが、ケトスもWORLDも???系なので実質制限扱いですね。

さすがにここまで制限されると系統パーティが有利になるんじゃないでしょうか。

第2回(ウェイト125)

超魔王・神獣王・超伝説1体制限
フィールド効果:マ素汚染

第2回神獣杯で一番尖ったルールです。

いきなりマ素汚染がかかるということは、凶エスターク接待週でしょうか?

ガルマザードを入れなくてもマ素パーティを組めるし、おうごんのツメを装備するだけでAI行動が多いモンスターが恐ろしく強くなります。

おそらく光のはどうで解除することは可能なので、ケトスや聖なる防壁が重要になりそうです。

第3回(ウェイト130)

超魔王・神獣王・超伝説2体制限

制限がゆるめのルールです。

アレフ超ノーガでも、ケトス超シドーでも、超魔王2体パーティでも使えます。

ウェイト130だとそもそも2体くらいしか入れられないし、実質的にほとんど制限なしに近いルールです。

第4回(ウェイト135)

定期大会スタンダード(超魔王1体制限、神獣王1体制限)

この月の中で一番ウェイトが重い週です。

135で一番重いって、超魔王や超伝説で全体的にウェイトが上がってるのに、全体的に低ウェイトな月ですね。

▽開催中のイベント

新たな「冒険者クエスト」4つ追加!
超伝説「闘拳の姫と獅子」が登場!

冒険者クエスト「クリフトの道」を攻略!

冒険者クエスト「体技使いの道」を攻略!

「冒険者クエスト」を攻略!※各クエストへのリンクあり

2021年4月版 呪われし魔宮 魔獣縛り15個、9R悪魔縛り11個、ドラゴン縛り

▽最新記事