DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】「支配王レゾム・レザーム」は怨念ノ凶風で息特化!神速&しはいのさくせんも強い!

支配王レゾム・レザーム

支配王レゾム・レザーム

支配王レゾム・レザームは、DQMコラボで登場した完全DQMSLオリジナルの魔王です!

息特化でクエスト向きの性能ですが、神速やしはいのさくせんがあるのでマスターズGPでも強いモンスターとなっています。

レゾム・レザームはどのように使えるのか考察します!

怨念ノ凶風(MP65)

  • ランダム5回のバギ系息ダメージ
  • 味方全体の息ダメージ1.5倍

威力としては、ゴア・しんりゅうおうの灼熱の息吹と同じです。はやての息吹の攻撃回数が1回増えた版といってもいいかもしれません。

単純にダメージだけでもそこそこ強いですが、それよりも味方全体に1.5倍の息をすいこむを付与できるのがめちゃくちゃ便利です。クエスト息パーティでは必須といってもいいでしょう。

なお、息ダメージアップは重複してかけることができず、高倍率が優先されます。つまり、息をすいこむや大蛇の構えと併用することはできません。

とはいえ、2ターンかけて2倍の息を撃つよりも、2ターンとも1.5倍にした方が総合火力は上回るので、ためるよりも怨念ノ凶風をかけてガンガン攻撃した方がダメージは稼げますね。

マスターズGPでは、攻撃しつつブレス版盲信のかくせいを全体にかけられる、っていうと、この特技のヤバさが伝わると思います。

神速持ちということで、伝説おろちと組んで火力を上げつつ息連携でとんでもない火力が出せます。

しはいのさくせん(MP58)

  • 【戦闘中1回】【先制】【みがわり無視】【反射無視】
  • 単体を「しはいの呪い」状態にする
  • 次のラウンドはさくせん行動になる

しはいの呪い状態になると、次のラウンドに相手モンスターをみがわりします。みがわる対象はランダムです。要はブギーのひれつなさくせんと同じような特技ですね。

さらに、しはいの呪いでみがわり中のモンスターを倒すと、再び相手パーティのランダムなモンスターをしはいの呪い状態にします。

このように、しはいの呪いを連鎖できるのがこの特技の面白いところです。うまく連鎖を続けていく相手の行動を大きく制限することができます。

みがわり中のモンスターを倒せないとしはいの呪いの連鎖は止まってしまうので、止めたい相手よりも倒せそうな相手を優先して狙うといい感じに呪いが続いていきます。

ブギーの呪いと同じく光のはどうで解除することができ、解除されると1ターン行動が無駄になってしまいます。(さくせん行動で次のターンに2-3回特技を使えるので全く無駄というわけでもないです)

逆に言えば相手に光のはどうを使わせれば行動を1手無駄にできるので、光のはどう読みであえて1ターン目から攻める、っていう読み合いにもなるわけですね。

なお、ラウンドをまたいでもみがわり状態が継続する「おおいかくす」で守っている・守られているモンスターに対しては、みがわり状態を上書きできないため無駄撃ちになってしまいます。

暗黒の魔人、守護神ゴーレム、炎魔アグニースがいる時は注意です。

苛烈な暴風(MP45)

  • ランダム5回のバギ系呪文ダメージ
  • 命中時に確率でバギ耐性を下げる

ランダムバギということで、怨念ノ凶風と使いどころが被る特技です。

おいかぜやぎゃくふうで息を使えない時や、息防御が上がり過ぎて息でダメージを与えにくい時には使うこともありますが、あまり出番は多くないです。

一応クエストの呪文パーティに入れることも出来ないことはないですが、神速持ちで扱いにくいのであまりクエスト攻略には向いてないとは思います。

Sランクで苛烈な暴風を覚えられる唯一のモンスターなので、呪文アタッカーとして使うならS運用の方がいいかもしれないですね。

ただ、SレザームがないとクリアできないS縛りなんてそうそうないので、あえて残しておく必要はないと思います。

壮絶な閃光持ちのSマガルギもあったらいいとは思いますが、ないと困ることなんてなかったですしね。

傀儡ノ調ベ(MP46)

  • 敵全体の素早さを1段階ダウン
  • 敵全体を確率で混乱

ダメージなしでデバフと状態異常のみ発生する特技です。

これを神速で撃てるっていうのが強いです。

素早さダウン率は非常に高く、特技の説明にも確率でという表記がないため、確定ダウンの可能性が高いです。

次のターンに先手を取りやすくなるだけでなく、みがわりやにおうだちを剥がすのにも使えます。

もしこれが混乱が先で素早さダウンが後だったら、みがわりを剥がしつつ中身の素早さダウンも出来たんですが、そこがちょっと惜しいですね。

ホシゴロンの特技

DQMコラボモンスターなので当然ホシゴロンも使えます。

しはいのさくせんを使えば、さくせん行動で特技を連発できるのが面白いです。

ザオリクで復活しまくりは消費MPや耐久力の関係でちょっと厳しいでしょうか。

ノーブルブレスを付ければバギが通りにくい時に属性の使い分けができますが、反射対策にはならないですね。

がんせきおとしも面白そうです。AI3回を引けば240×3で720ダメージ!竜王の咆哮の前では霞んでしまいますが・・。あと1発MP98っていうのもキツいですね。

デフォルトの特技が優秀なので、それを消してまで付けたい特技って考えるとあまりないかもしれません。

おまけホシゴロンのほうしのあらしはけっこういいと思います。じめじめバブルの魔王版みたいなことができます。

ステータス

  ☆0 ☆4
HP 682 798
MP 341 400
攻撃 288 338
防御 416 490
素早さ 380 446
賢さ 441 516

レザームは息メインのアタッカーですが、息はステータスに影響を受けないので☆があまり必要ないです。

一応呪文も使えるためか賢さがかなり高く、さくせん行動で特技がたくさん使えるようにMPも高めです。呪文アタッカーっぽいステータス配分ですね。

素早さはそこまで早くないです。神速持ちなので素早さは必要なさそうに思えますが、ロケスタ同士の素早さ調整だったり、相手のロケスタより早く動かすためだったり、けっこう重要になります。

もちろん、3ターン目以降の先制率にも関係してきます。

なので☆がなくても使えるモンスターですが、当然ながら☆があった方が使い勝手は上がります。

耐性

メラ 普通 普通
ヒャド 無効 ねむり 半減
ギラ 普通 混乱 無効
バギ 吸収 マヒ 無効
イオ 半減 ザキ 無効
デイン 普通 マヌーサ 普通
ドルマ 無効 マホトーン 普通
    息封じ 無効

属性耐性はバギ、ヒャド、ドルマに強いです。

神速で1ターン目は動けますが、やはり1ターン生き残って2ターン目にさくせん行動してこそってところはあるので、生存しやすい方がいいです。

状態異常耐性はわりと良くて、混乱マヒ無効で、眠りは半減です。

最近の魔王って、状態異常無効バリアを持ってないパターンが多いですね。上位はどうが溢れていて魔王バリアも簡単に剥がされちゃうので、元の耐性がいい方が使いやすいのでしょう。

特性

  • AI2-3回行動
  • つねにマインドバリア
  • ウィンドブレイク
  • 神速
  • 秘めたるチカラ

目新しい特性は持ってないですが、どれもけっこう強力です。

ウィンドブレイクは1ターン目はバギブレイクと同じ2ランクダウンですが、ターン経過でブレイクが1段階ずつ強化されていきます。ラプソーンのダークブレイクと同じですね。

しはいのさくせん、神速、怨念ノ凶風を組み合わせることにより、2ターン目のバギブレスの火力がとんでもないことになります。

さくせん行動で怨念ノ凶風を使うと、2回目以降の怨念ノ凶風は1.5倍が乗るので、AI3回行動を引くと1+1.5+1.5で4回分のダメージを与えることができます。これが強くないはずがないです。

さくせん行動の注意点

さくせん行動はAIが使用特技を判断するので、特技設定をしていないと狙い通りの特技を使ってくれないことがあります。

特技設定を怨念ノ凶風だけにしておけば間違いないですが、おいかぜがかかっている時に何も素殴りになってしまう危険性もあります。

ジェマにこおれるぎしきと邪悪な魔弾の関係に似てますね。

昇天のヤリや心砕きのヤリのような通常攻撃が変化する装備を持たせていると、AI行動で特技が発動しなくなるので注意です。

リーダー特性

  • 息ダメージ25%、乱打ダメージ10%アップ

乱打ダメージアップという新しいタイプのリーダー特性が来ました。

ランダム系のブレスなら35%アップするので、火力面ではマデサゴーラを上回ります。

リーダー特性がかなり優秀だし、1.5倍息をすいこむは重複しないので、クエストで必要な時はサポートに借りれば十分です。

ただ、自前で持っていればバーバラを借りたり、伝説おろちを借りたりで主力アタッカーを増やせるので、持っていた方がパーティ編成自由度は上がるでしょう。

まとめ

レザームは登場した当初はかなりインパクトがあるモンスターで、実際かなり活躍していました。

クエストでは今でも間違いなく強いんですが、最近は息系が有利なクエストがあまりないので使った記憶がないです。

こういうのは定期的に出番が来るようになっているので、また息パーティが有利なクエストが来ればレザームが必須になってくるでしょう。

全体1.5倍息をすいこむは今後しばらく腐ることはないはずです。

マスターズGPでは、一時期はレザーム・おろちパーティが流行るほど人気がありましたが、今はロケスタ系のパーティで勝てる環境ではないです。

どちらかというと、今は耐久寄りのパーティに入れてしはいのさくせんをメインに戦うことが多いんじゃないでしょうか。

耐久力はないので1ターン目に落とされてしまいがちですが、倒されてもしはいの呪いは残るので、他のモンスターで落とし続ければ呪いを連鎖し続けることができます。

ただ、しはいの呪いやみがわり状態は光のはどうで解除できるので、対策されると何も爪痕を残せずいなくなってしまいます。

雑に使って強いモンスターではないのでプレイングスキルが必要なのと、組み合わせるモンスターやとくぎカスタマイズも重要になります。

玄人向けのモンスターですが、シーズンによってはけっこうな高ボーナスも付くし、使いこなすと楽しい性能ではあります!

▽開催中のイベント

「アニバーサリー・カーニバルIX」開催!
「超伝説アニバプレミアフェス」開催!

「カジノパニック」攻略!Lv3を3ラウンドで3戦倒せるパーティ!

「悟りの旅路」を攻略!地獄級をシンリ入れて3ターン撃破で特訓場のカギ!

「賢者の挑戦」を攻略! ???系なしシンリ入りで謎の塔4ターン、賢者の挑戦6ターン

「謎の塔ラッシュ」を攻略!12ラウンド以下、スライム入り、自然入り、悪魔入り、???なし

▽最新記事