DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】「エビルハムスター」は高速魔獣アタッカー!ピオラからの飛燕斬りが強い!

エビルハムスター

エビルハムスター

ドラ猫退治のイベントでは、エアラット(エビルハムスター)が仲間になります!

元々はレジェンドクエストDQ4で手に入ったモンスターで、初実装は2019年3月ということは2年以上前ですね。

素早さが非常に高く、魔獣パーティでたまに使われています。自分もS以下限定ルールだとよく魔獣を使ってます。

エビルハムスターはどのように使えるのか考察します!

飛燕斬り(MP45)

  • 全体に無属性の斬撃ダメージ
  • 威力は素早さ依存

飛燕斬りは素早さ依存で威力が変動します。

素早さが高いエビルハムスターにピッタリの特技ですが、この手の特技はピオラなどで素早さアップがかからないとあまり火力が出ないのが欠点です。

特性でときどきピオラが発動したら飛燕斬りで攻撃し、発動しなければ補助系特技を使うか、別の攻撃手段を用意しておくと無駄なく立ち回れます。

ヘルゴラゴの調整でリーダー特性が強化されていて、素早さ30%アップと一族のほこりでさらに素早さを上げることができます。

SSランクが中心の魔獣パーティではあまり使われることはないですが、ボーナスが大きい(納涼杯では60%)ので、組み方次第では使える可能性はあります。

タップダンス(MP36)

  • 味方全体を1ターンみかわし率50%にする

タップダンスといえば補助系の定番特技です。これをデフォルトで覚えられるのは便利ですね。

魔獣パーティといえばくじけぬ持ちの伝説レオパルドや伝説キングレオを入れることが多いですが、くじけぬ解除はほとんどがみかわし判定ありなので、タップダンスがあることで倒されにくくなります。(疾風連撃、ライトニングクロー、心砕きのヤリなど)

魔獣同士のミラーでもタップダンスの有無は重要になってくるはずです。

ウェイトが低いナイトフォックスにその役割は任せることも多いですが、ルール(ウェイト)やボーナス次第ではエビルハムスター起用もありでしょう。

その他の特技

  • 体技封じの息
  • 息をすいこむ
  • マヌーサ
  • ベホイミ

転生前から、体技封じの息を引き継ぐことができます。

マスターズGPでも刺さると非常に強力な特技なので必ず引き継ぎたいです。

他はぱっとしない特技が多いです。息をすいこんでも、体技封じの息ではそもそものダメージが低いのであまり意味がないです。

レア特技でのカスタマイズなら、ステータスに依存しないはげしいじひびきが安定して使えます。

ステータス

  ☆0 ☆4+4
HP 537 645
MP 254 310
攻撃 211 258
防御 315 382
素早さ 425 514
賢さ 301 368

エビルハムスターで一番重要なステータスは素早さです。

討伐Sランクでありながら、☆4+4で素早さ500を越えはすごいです。えんまのつかいとほぼ同じ速度帯ですね。

賢さはそこまで高いわけではないですが、メゾラゴンを積んでる人はわりと見かけますね。

耐性

メラ   ザキ 半減
ヒャド 弱い マヌーサ  
ギラ   マホトーン 半減
バギ 無効  
イオ 半減 眠り 弱い
デイン   混乱  
ドルマ   マヒ 半減

耐性はバギ無効くらいで、これといって強みはないです。ヒャドと眠りに弱く、わかりやすい魔獣って感じです。

基本的に相手より先に動いて、2ターン目にはいなくなっているタイプのモンスターなのでそこはいいでしょう。

状態異常耐性は眠り弱点、混乱等倍となっていて、じめじめバブルやディアノーグには弱いです。

これは魔獣パーティの宿命なので、におうだちなどで対策するしかないですね。

特性

  • ときどきみかわしきゃく
  • ときどきピオラ

エビルハムスターはときどきピオラの特性がとにかく重要です。

これが発動するかどうかで飛燕斬りでアタッカーになれるかどうかが変わってきます。

ときどきの発動率は20%程度なので、発動したらラッキーくらいに思っておいた方がいいでしょう。

プレシアンナを入れれば確定で素早さ1段階アップはかかりますが、エビルハムスターを使うためにプレシアンナを入れるのも・・。

プレアンナがレギュラーだった時代は相性が良かったですけどね。

リーダー特性

  • 素早さ12%アップ・攻撃力15%ダウン

素早さ12%アップは強力ですが、その代わり攻撃力が下がるデメリット付きです。

イーブルフライも似たようなリーダー特性を持っています。(素早さ+13%、攻撃力-15%)

エビルハムスターもイーブルフライも流行ってないところを見ると、やはり攻撃力ダウンのリスクが大きすぎるのでしょうか。

息や呪文メインのパーティであれば相性は良さそうなんですけどね。

まとめ

エビルハムスターはときどきピオラが発動すると飛燕斬りが強いです!

なんであまり人気がないかというと、魔獣で討伐Sランクのラストテンツクがほぼ同じ速度帯で、確定発動のいきなりピオラを持ってるからですね。

素早さ依存のコメットダンスはみかわし無視でみりょう効果まであるし、星降りのサンバは1回しか使えないかわりにタップダンスよりもみかわし率が高いです。

さらに、テンツクの方が賢さが高いからメゾラゴンなど呪文を付けやすいし、ときどきおうえんの特性も地味に強いです。

このように、エビルハムスターに勝ってる部分が多いため、ラストテンツクにポジションを取られてしまったわけです。

S以下魔獣パーティで一緒に組んで使うこともできるし、ボーナスの付きやすさも違うので、魔獣速攻型が好きな人は集めておいた方がいいでしょう!

▽開催中のイベント

「小さな竜の大芝居」開催!スタドラ登場!
「1週間限定超伝説登場記念ふくびき」開催!

「トーポの道」地獄級&襲来級を攻略!

「トーポの試練」を攻略!3ターンで皆伝!

「竜の秘境」地獄級3ターン&みんぼう1ターンで攻略!

2021年9月版 呪われし魔宮 討伐縛り8個、ドラゴン縛り12個、スライム縛り13個

▽最新記事