DQMSL 黒豆(くろまめ)ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンが書いているブログです

【DQMSL】月夜の将と合わせて使いたい ゾンビ系・マ素アタッカーTOP10

ゾンビ系・マ素アタッカー

ゾンビ系・マ素アタッカー

闇夜の財宝島のイベントで、月夜の将が登場しました!

ゾンビ物理パーティにとっては革命といっていいほど強力なモンスターです。

その理由は、屍の戦慄で攻撃力そのものを30%アップできること、ゾンビ系で貴重なマ素撒き特技持ちであることです。

似た役割ではゆうれい船もいましたが、ゾンビ・フィーバは攻撃力10%だったことと、怨念のいかりのマ素付与が確率だったことから、あまり使い勝手はよくなかったです。

マ素ゾンビパーティでクエストを攻略するのは趣味の要素が強かったですが、月夜の将が加入したことでかなり現実的な攻略法になったと思います。

ゾンビ系で状態異常特攻系のとくぎを持つモンスターを、戦闘力ランキング形式で紹介します!

※クエスト攻略が主体なので、全体攻撃は除きました。

条件

とくぎの倍率だけでは本当の強さがわからないので、モンスターの攻撃力を考慮してダメージを算出します。

  • とくぎレベルは全て+3
  • ☆4もしくは☆44
  • 装備、スキルのたねは考慮しない
  • リーダー特性は考慮しない
  • 相手の防御力は500と想定
  • いきなりバイキルトやちからためは考慮しない

悪夢裂きのように、眠り・毒には2.5倍になるけど、マ素には1.5倍にしかならない特技があります。

どんな相手にでも入るマ素で比較するのが公平だと思いますが、今回は最高火力で比較したいので、高倍率が出る方を採用します。(参考値として低い方の倍率も載せます)

10位 タナトスハント 戦闘力571

ブラッドマミー☆44(攻撃力522)
倍率 1.4倍
条件 毒・マヒ・マ素に3倍(4.2倍)
計算 (522÷2-500÷4)×1.4×3=571.2

状態異常特攻斬撃の元祖、タナトスハントです!

さすがに最古の特技だけあり、倍率はそこまで伸びません。

ブラッドマミーは会心出やすいを持っているので、魔神のかなづち装備で会心の一撃が出れば高火力を狙えます。

9位 ヒュドラクロー 戦闘力761

キャプテンクック☆44(攻撃力515)
倍率 1.15倍×4回=2.3倍
条件A 眠り・毒に2.5倍(5.75倍)
計算A (515÷2-500÷4)×2.3×2.5=761.8
条件B マ素に1.5倍(3.45倍)
計算B (515÷2-500÷4)×2.3×1.5=457.1

ヒュドラクローは、眠り・毒と、マ素で倍率が異なる特技です。

クエストだと眠りや毒は入らないことが多く、最高倍率を出せる場面は限られてきます。

毒を入れて、ときどきちからためが発動すれば、討伐Sランクで10倍越えっていうのはロマンでしかないですね。

8位 悪夢裂き 戦闘力837

デスジャッカル☆44(攻撃力534)
倍率 0.59倍×4回=2.36倍
条件A 眠り・毒に2.5倍(5.9倍)
計算A (534÷2-500÷4)×2.36×2.5=837.8
条件B マ素に1.5倍(3.54倍)
計算B (534÷2-500÷4)×2.36×1.5=502.6

悪夢裂きも眠り・毒と、マ素で倍率が変わります。

あまり注目されたことがないモンスターですが、意外にもキャプテンクックより戦闘力は若干高いんですね。

7位 悪夢食らい 戦闘力884

病魔パンデルム☆4(攻撃力474)
倍率 1.58倍×2回=3.16倍
条件A 眠り・毒に2.5倍(7.9倍)
計算A (474÷2-500÷4)×3.16×2.5=884.8
条件B マ素に1.5倍(4.74倍)
計算B (474÷2-500÷4)×3.16×1.5=530.8

パンデルムはジェノサイドストームの印象が強いですが、意外と悪夢食らいの威力も高いです。

体技なので連携を繋ぎにくく、マ素では最高倍率が出せないため、イマイチ使い勝手はよくないですね。

☆を重ねてもそこまで攻撃力が伸びないため、相手の防御力が高いとダメージも出しにくいです。

6位 ひねりつぶす 戦闘力914

超魔ゾンビ☆4+4(攻撃力545)
倍率 1.55倍×2回=3.1倍
条件 毒・眠り・マ素に2倍(6.2倍)
計算 (515÷2-500÷4)×4=914.5

ひねりつぶすも体技なので連携を繋ぎにくいのが欠点ですが、マ素でも高倍率が出せるのはいいいですね!

2連続攻撃なので1発ずつの威力が重く、見た目のダメージ量が大きいのが気持ちいいです。

 

5位 月夜の剣技 戦闘力998

月夜の将☆4(攻撃力547)
倍率 0.56倍×4回=2.24倍
条件 毒・マヒ・マ素に3倍(6.72倍)
計算 (547÷2-500÷4)×2.24×3=998

最新討伐モンスター、月夜の将が5位にランクインです!

こうして並べるとやっぱりSランクでこの戦闘力の高さは異常です。しかも毒・マヒだけでなくマ素でも3倍ですからね。

HPが半分以下になれば、死中の活(ちからため)で13倍という魔王顔負けの火力が出せます。戦闘力で言えば2000近くまで行きます・・。

ゾンビ・マ素に限らず、Sランクのランダム斬撃アタッカーとしても最高クラスの強さなので、複数作っておくべきモンスターでしょう。

4位 魔の刺突 戦闘力1066

破壊神フォロボス☆4(攻撃力559)
倍率 1.15倍×2回=2.3倍
条件 毒・マヒ・眠り・混乱・マ素に3倍(6.9倍)
計算 (559÷2-500÷4)×2.3×3=1066

魔の刺突は体技なので斬撃パーティには入れにくいですが、単体を狙い撃ちしたい時には使いやすいです。

説明にはないですが、実はみかわし無視という隠れたメリットがあります。

悪夢食らいやひねりつぶすもみかわし無視なので、みかわし持ちと戦う時には斬撃よりやりやすいかもしれません。

3位 滅・四刀流 戦闘力1085

ヘルクラッシャー☆44(攻撃力573)
倍率 0.56倍×4回=2.24倍
条件 毒・マヒ・マ素に3倍(6.72倍)
計算 (573÷2-500÷4)×2.24×3=1085

新生転生が追加されたのが2017年2月なので、もう3年以上経っています。にもかかわらず3位に入るほどの戦闘力です!

滅・四刀流は月夜の剣技の名前違いの特技ですが、攻撃力の高さで月夜の将を上回りました。

2位 暗黒の魔槍 戦闘力1205

暗黒皇帝ガナサダイ☆44(攻撃力559)
倍率 0.52倍×5回=2.6倍
条件 毒・マヒ・マ素に3倍(7.8倍)
計算 (559÷2-500÷4)×2.6×3=1205

暗黒の魔槍はガナサダイが新生転生前に覚える特技ですが、この火力の高さは素晴らしいです。

昔はガルマザードでマ素を入れるくらいしかなかったので、???系を使うなら魔王パーティを使えば良かったわけです。

月夜の将でマ素を入れられるようになったことで、クエストでもこの火力を気軽に使えるようになったのが大きいですね。

1位 黄金のカギ爪 戦闘力1555

ラザマナス☆4+4(攻撃力552)
倍率 1.03倍×4回=4.12倍
条件 毒、眠り、マヒ、マ素で2.5倍(10.3倍)
計算 (552÷2-500÷4)×4.12×2.5=1555.3

そして1位はやっぱりラザマナス!2位との差がすごいです。

マスターズGPでも強いですが、ゾンビ縛りのクエスト攻略でも使えること間違いなしでしょう。

しかも、最近ではみんぼうでまで必須級になってますからね。

昔はハズレ系統の王だったのに、ここまで強くなるとは思いませんでした!

まとめ

ゾンビ・マ素パーティで強力なモンスターまとめでした!

月夜の将を使えば屍の戦慄で攻撃力を1.3倍にできるので、さらに戦闘力を伸ばすことができます。これは他の系統にはない強みですね!

マ素を入れるのも容易になりましたし、かなり実用範囲が広がったと思います。

月夜の将を6体並べて、上手くHPを半分以下に調整すれば、全員で13倍を連発できます。もしSSランクだったとしてもかなり強い部類に入る性能です・・。

ランキングクエストだと同モンスターなしオーダーがあるので使えないですが、通常のクエスト攻略なら艦隊運用は大いにありなモンスターです。

番外編 ヒュプノスハント 戦闘力371

キャプテン・クロウ☆4(427)
倍率 1.4倍
条件 眠り・混乱・マ素に3倍(4.2倍)
計算 (427÷2-500÷4)×1.4×3=371.7

元祖ロマン砲といえば、キャプテン・クロウのヒュプノスハントですよ。個人的に大好きな特技でした。

当時としては倍率は破格でしたが、攻撃力はけっこう低めなんですね。

それを補うために超ちからためを覚えることができました。

超ちからため込みなら戦闘力1113まで行きますが、2で割ると556.5なので、1ターン当たりの戦闘力は実はブラッドマミーとそんなに変わらないようです。