DQMSL攻略!黒豆ブログ

ゲームや食べ物のことを書く黒豆パンのブログです。DQMSLは終了しました。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【レビュー】「風来のシレン6 とぐろ島探検録」はテンポよし、UIよしで高評価!シレンジャーなら間違いなく買い!

風来のシレン6 とぐろ島探検録

風来のシレン6が発売されたので、さっそく買ってきました!

実は私、生粋のシレンジャーで、これまでシリーズはだいたいプレイしてきました。

シレンって、SFCの初代シレンが至高で、64のシレン2、PCのアスカ見参もかなり面白かったんですが、Wiiのシレン3とか、シレンDSとかがちょっと微妙でしばらく離れちゃってたんですよね。

久しぶりにSwitchでやったシレン5+がけっこう面白かったので、今作も期待して発売日に購入しました!

まだそんなにガッツリやってはないですが、すでにかなり面白くて評価は高いです!

どんなところが良かったのかレビューを書いていきます!

 

ゲーム全体の雰囲気

グラフィックはシレン5のようなドット絵ではなく、64っぽい雰囲気の3Dになってます。正直そんなにめちゃくちゃ綺麗な感じではないです。

しかし、こういうジャンルのゲームは美麗グラフィックを求めてやるものではないので、そこは問題ないでしょう。むしろこれくらいでちょうどいいです。

ストーリーも長ったらしさがなく、サクサク快適に進んでいきます。

シレンジャーが求めているものはグラフィックやストーリーではない、というのを開発側もきちんと理解している感じがしますね。

テンポがいい

自分はダウンロード版ではなくパッケージ版を買ったので、ロードがどのくらいなのか気になってたんですが、ほとんどロードを感じないくらい爆速です。

剣の振りとか、アイテムを拾うモーションとかがゆっくりしてると萎えるんですが、そういうのも一切ないです。

もっさり感がなくテンポ良く快適に遊べるので、負けてもすぐ次に挑戦したくなるし、ゲーム自体の中毒性を損なわないようになってます。

ここが非常に素晴らしいと感じたところです。

低層が難しい

自分は慣れたシレンジャーだと思っているので、最初のダンジョンは初見で打開するつもりだったのですが、最初の何回かは普通に死にました。

低層からけっこう強い敵が出てくるので、それなりの装備を拾えないと簡単にやられます。過去作の感覚だと難しいと感じると思います。

初登場で初見殺しみたいな敵も出てきますが・・、訓練されたシレンジャーなら逆に喜ぶポイントですね。

最初のダンジョンは復活の草がわりとよく拾えるので、壺に復活の草を詰め込んでゴリ押しプレイでも行けると思います。

回復速度が速い

シレン5はレベルが上がって最大HPが上がると回復速度が異様に遅くなってしまい、回復アイテムが非常に重要になるゲームでした。

シレン6では回復速度がかなり上がっていて、常時回復の腕輪を装備してるくらいの早さで回復していきます。

足踏みだけで十分に回復することができるので、HP管理のストレスは大きく減りました。

そのかわり敵の火力が高く、油断するとあっさり死にます。回復アイテムが必要なくなったわけではありません。

UIの改善

シレン5に比べて遊びやすくなっている点がたくさんあります。

足跡表示

まず驚いたのは、マップに通った場所が表示されることですね。

一度通った場所は罠の心配がないのですが、過去作では自分で覚えておくしかなかったので、この機能のおかげでかなり楽になりました。

射線表示

あとは、物を投げる時に射線が表示されるようになったのも驚いた部分です。

昔はマップに定規を当てて軸があってるか確認したりしたものですが、射線表示のおかげでそんな努力は必要なくなります。

壺の中身表示

ライブ探索表示中は、壺の中に入っているものがアイコンで表示されるようになっていて、1個ずつ中身をのぞかなくてもだいたい何が入ってるかが分かります。

壺をたくさん持っていると確認するだけでけっこう手間だったりするし、かなりありがたい機能です。

投げ物ショートカット

矢や石といった投げ物をショートカットに4個まで登録でき、いちいちセットしなくてもすぐに投げられるのも便利です。

かゆいところに手が届く親切設計ですね。

ダメージ一括表示

個人的にナイスと思ったのは、真空斬りの巻物が一括でダメージ表示されるようになったことです。

1体ずつダメージを受けるモーションとメッセージが表示されるのはかなりテンポが悪かったので、まとめて平均ダメージっていう初代と同じ表示になったのは良かったです。

妖刀かまいたちとか銀の矢みたいな複数同時ダメージは全部そうです。非常に快適。

ギタンを整理しない

アイテムとしてギタンを入手した場合、整頓ボタンでまとめるかどうかをオプションで変えられるようになりました。

アイテムが少ない場面ではギタンも重要な火力要員になるので、ギタンを持ち運びやすくなったのはありがたいです。

店に入ったら売値が分かる

従来作品だと店で売値を調べる時は、床に置いて店主に話しかける必要がありました。

今作では店に入るとアイテムの説明欄に売値が表示されるようになったので、いちいち床に置いて話しかける流れが必要なくなってます。

通信バグに注意

通信に繋がらないセーブデータが作成されるバグがあるようです。

ある程度進めて、そろそろ救助でも使おうかと思ったら通信ができない・・、ってなると目も当てられません。

風来日記を作ったら先に通信できるかを確認し、問題なければゲームを進める、というのが現在取れる対策だそうです。

アップデートで修正されるとは思いますが、初日勢は要注意です。

※2024年1月27日に修正されました

まとめ

シレン6をサラッと遊んでみた感じ、かなり好感触でした。自分の中では高評価です!

全体的な雰囲気としては64のシレン2に近いものを感じたので、それが好きな人にはハマると思います。

過去作で感じたような不満点はおおむね解消されているし、それ以上にかゆいところに手が届く改善点が多く、非常に遊びやすくなっています。

テンポよくサクサク進められるのは嬉しいですね!

自分の進行度としては、最初のダンジョンを踏破したところで、初代シレンでいうとテーブルマウンテンをクリアしたところになります。

まだまだチュートリアルの段階で、ゲームバランスや難易度的なところがどうなのかはこれからって感じです。

進めていくと、特殊ダンジョンが出てきたり、持ち込み不可・未識別のもっと不思議なダンジョンが出てくることが予想されます。

自分はもっと不思議なダンジョンが一番好きなので、今作ではどんな内容になっているのか楽しみです!