DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです。

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

【DQMSL】願いの光ジェマを、災いの密林 深部???縛りで1個で使ってみてわかった問題点について

願いの光ジェマ

災いの魔境

9月の災いの魔境ミッションには、災いの密林 深部を???系のみで宝玉1個でクリアしようというのがありました。

ミッションが追加された時に呪文パーティでクリアしてしまったんですが、おそらくこれは願いの光ジェマや少年レオソードを使うことを想定したミッションだったんじゃないかなと思います。

せっかくなので試し斬りも兼ねて、願いの光ジェマを使ってみたいと思います!

▼災いの魔境の攻略はこちら

願いの光ジェマ

願いの光ジェマ

パーティはこんな感じで組みました。

今までバギ斬撃と言えば超ピサロと退魔の大剣豪でしたが、夏ピサロの祭神の号令が乗る???系で組めるようになったのが大きいですね!

少年レオソードはバギ耐性を下げるはやての秘剣を持っているので、願いジェマとセットで使うことが多くなると予想されます。

これならバギブレイクを習得しなくても弱点を狙えます。

ちなみにスキルはアーロ55、パゴ65で振って、AI2-3回行動と自動MP大回復を付けています。

願いの光ジェマ

自動MP大回復は行動後に最大MPの約10%回復となっています。

無星ジェマだとMP323なので、回復量はだいたい30とかです。

れっぷうのけんぎが1回MP42消費なので、AI2回だとMP84消費、AI3回だとMP126消費します。

AI3回を引くと自動MP大回復でもちょっと追いつかないです。

願いの光ジェマ

2ターン連続でAI3回を引くと、もうMPが半分以下になってしまいました。

序盤はぼうぎょしておくとか、MPを使わない工夫は必要になってきますね。

願いの光ジェマ

3ターン目、バフの入れ直しなどで準備を整えるので、ジェマはお休みです。

今回はトガミヒメが回復を使えるのでいやしのひさくは使いませんでしたが、AIで使わせるには作戦を変更しないといけないのでけっこう手間でした。

あと、いやしのひさくはMPを70も使ってしまうので、あんまり気軽に使えるものでもありません。

次のターンに一気に攻撃していきます。

願いの光ジェマ

マジェス・ドレアム 光芒の絶技(連携1.2倍)

14905+15238+15178+15693+17008+15238=93260ダメージ

光芒の絶技は属性乱打の中でも倍率が非常に高く、マジェス無☆、かつ竜神王のツメで装備によるダメージアップがないにも関わらずこの火力です。

連携なしの純粋な火力だと77717ダメージです。

願いの光ジェマ

少年レオソード 闘志の暴風刃(連携1.3倍)

109999ダメージ

何気に少年レオソードの火力もやばいです。

闘志のめざめで1.5倍ちからためにして、闘志レベル2でカンストしちゃいます。

単発なのでカンストするとそれ以上ダメージを稼げないのがもったいないです。

願いの光ジェマ

グランエスターク 猛火の剣技(連携1.4倍)

18429+19303+19278+19125+18250=94385

グランエスタークは猛火の剣技だと5回攻撃なのでそこまで伸びないですが、それでもけっこうな火力が出てます。連携なしだと67418ダメージです。

ちなみに爆砕の剣撃だと6回攻撃の上に弱点1.8倍補正がかかるので、連携なしで135914ダメージ出る計算になります。

猛火の剣技と爆砕の剣撃で2倍くらい火力違うんですね。

願いの光ジェマ

願いの光ジェマ れっぷうのけんぎ(連携1.5倍)

20991+19022+18905+19701=78619

1発の威力はそこそこ出てるように見えますが、れっぷうのけんぎは4回攻撃なので、合計ダメージでいうとそこまで高くないです。

連携を抜くと52413ダメージで、マジェスやグランエスタークほどの火力は出ていません。

願いの光ジェマ

願いの光ジェマ れっぷうのけんぎ

12821+12866+13777+12454=51918
13154(ここで撃破)

しかし、さくせん行動で追撃ができるので、さらにダメージを上乗せすることができます!

さくせん行動には連携が乗らないですが、1回の追撃で約5万ダメージ、AI3回を引けば約10万ダメージの上乗せです。

モリーチルドレンみたいな感じで、AI3回行動を引けるかどうかで大きく火力が変わってきますね。

今回は上手くいった例を紹介しましたが、使いこなすのはけっこう難しかったです。

MPが足りなくなる

まず1番はMP問題ですね。

今回は自動MP大回復に振ったので、4ターン目の行動までに約90回復することができ、3ターン目に1回防御で休ませることで、AI3回を3回引いても最後までMPを持たせることができました。

自動MP回復を付けずに、MP配分を考えずに攻撃し続けていると、7回攻撃したらMPが切れてしまいます。

つまり、AI2回、AI2回、AI3回という感じでも3ターンしか攻撃できません。(スキルの振り方や☆の数で前後します)

ダメージ上振れを狙うためにはできるだけAI行動を多く引いてほしいのに、早い段階でAI3回を引きすぎると終盤にMP切れしてしまい、全力で攻めることができません。

自動MP回復を付ければ多少マシになりますが、そうすると他の特性を取れないし、攻撃力に全振りすることもできないし、けっこう難しいです。

3~4ターンで終わるミッションと、6ターンかかるランキングクエストでは全く運用方法が変わってきそうです。

ここまでシビアにMPを調整しないと使えないって時点でけっこうめんどくさいです。

素早さにたねを振れない

マスターズGPならともかく、クエストなら素早さにスキルポイントを振れなくても問題ないと思っていました。

しかし、実際にはクエストでも素早さに触れないのは致命的でした。

ジェマ無☆だと素早さが367しかなく、ピオラ状態でも敵に抜かれることがありました。そうなると白くかがやく光を撃たれて全滅です。

なので今回はスペディオブレードを装備して敵より先に動けるように調整してあります。

普通のモンスターなら素早さに振れば解決するのに、願いジェマだと装備で調整するしかない、ってのが厄介です。

装備の自由度が減ってしまうので、火力を盛ることができないし、耐性装備で耐えることもできなくなるし、MP不足を補うこともできなくなります。

☆を重ねるとMP問題や素早さがある程度解決するので、☆付け前提の性能ってことなのかもしれません。

まとめ

願いの光ジェマはさくせん行動で火力を盛ることができますが、特技自体の性能がやや低めなので、総合的な火力は既存のモンスターよりちょっと強い程度です。

同じように追撃を持ってるモンスターでは、モリーチルドレンは変身するたびにMPを回復するし、MP吸収もできるのでMPがなくなることはそうそうないです。

賀正トガミヒメは全属性のコツで消費MPが半分になり、兎神のふえで消費MPを20%軽減できるので、こちらもMP切れは起こしにくいです。

イザヤール&ラヴィエルに至っては天使のきずなで通常攻撃自体が変化するので、追撃はMPを消費しないし、MPがなくなっても至高の閃光を撃てます。

追撃で火力を盛れるモンスターはこういう感じでMPの取り回しがしやすいように工夫されているのに、願いジェマは他を犠牲にして自動MP大回復を付けないといけない上に、自動MP大回復があっても劇的にMPが改善するわけではありません。

もし魔帽のたまごにちからためとか魔力かくせいが追加されたら、省エネで高火力を出せるようになってめちゃくちゃ強いと思うんですけどねぇ。

現状では???系のバギ斬撃アタッカーは貴重なのでどこかで出番は来ると思いますが、もうちょっとなんとかして欲しいです。

クエスト特化モンスターにしても、願いジェマは他で代用できない明確な強みって今のところないんですよね・・。

強いて言えば攻撃しながらAIで回復と呪文防御上げをできることですが、他のモンスターでもできることを1手に圧縮してるだけで、ジェマにしかない他で代用できない能力ではないです。

例えば、スイーツソロンはイオ耐性下げや呪文会心、キラーマジンガは斬撃防御下げや通常攻撃斬撃変化、賀正トガミヒメは単体高火力やバフもりもりにMP軽減があり、他で代用することができません。

そういうハッキリとした強みがあれば使い道があるんですけど、今のところは使いづらさの方が目立ってしまっている印象です。