DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】ちいさなメダル交換所に討伐王決定戦用のモンスターが大量追加!どれを優先的に交換するべき?

討伐王決定戦

討伐王

ちいさなメダル交換所に大量の討伐モンスターが追加されました!

これは7周年杯の第4回に開催される討伐王決定戦に向けて追加されたものですね。

討伐王決定戦では使えるモンスターが限られていて、7周年から始めた新規プレイヤーだとパーティを組むのが難しいので、ここで手に入れましょうということです。

内容的にけっこういいモンスターが揃っているので、討伐王決定戦で使わなかったとしても今後活躍する機会は十分にあります。

ちいさなメダルの枚数がけっこう多めということもあり、どれを優先的に交換するべきなのかをまとめます!

※交換期限が2月28日までと短いので、欲しいモンスターは早めに確保しておくことをオススメします。

モンスター名 必要枚数
シャンタク 200枚/5回
凶スカルゴン 200枚/5回
コドラン 200枚/5回
ムーンキメラ 200枚/5回
バルザック 200枚/5回
レオパルド 200枚/5回
ブルドーガ 200枚/5回
ゴールデンコーン 200枚/5回
テンツク 200枚/5回
ズイカク&ショウカク 500枚/1回
ミニモン 200枚/5回
ビュアール 200枚/5回
スカルナイト 200枚/5回
カンダタきりこみ隊 200枚/5回

交換できるモンスターは全部で14体もあります。

AランクもSランクも1体200枚ですが、どちらにも強みがあるのでランクが高ければいいっていうものでもありません。☆4を作るには5体交換しないといけないので、1体作るのにちいさなメダル1000枚必要です。

どんなコンセプトのパーティを組むのか、どの系統をメインに組むのかによって交換するべきモンスターは変わってきますが、どれも持ってない場合を想定して優先順位を付けていきます!

?

1位 スカルナイト(A)

最優先は間違いなくスカルナイトでしょう。

討伐モンスターにも関わらず、低ウェイトルールではモンスター使用率ランキング上位に入ってくることがあるくらい人気です。

みがわりしつつ亡者の執念でAI行動を引きつけられるのが強みで、置きピオリム(遅いモンスターがピオリムすること)としても使いやすいです。

なお、Sランクに転生するとハーゴンのきしになりますが、ウェイトが重くなって使いにくくなるので、転生しないように注意です。

2位 凶スカルゴン(A)

Aランクで執念系の特性を持つみがわり要員ということで、スカルナイトと役割は似ています。

しかし、凶スカルゴンは亡者の執念ではなく亡者の恨みという発動率が低めの特性なので、スカルナイトほど人気はありません。

そのかわり、魔物たちの楽園で手に入るふしぎなたまごで特技をカスタマイズでき、天使のうたごえ、ブレイクアタック、回復封じの息といった変わった特技を使えます。

アンカーナックルも地味に強いです。

3位 シャンタク(S)

奇妙なうろこの特性を持っていて、攻撃してきた相手の素早さを下げることができます。防御してそこにいるだけで仕事する珍しいモンスターです。

新生転生するととうこんの特性がつき、いやらしさに拍車がかかります。

通常のパーティに入れても使えますが、ドラゴンパーティでの採用率も非常に高いです。その場合はメゾラゴン、シャイニングブレスなどで魔改造されてることが多いです。

4位 テンツク(B)

テンツクはBランクで手に入りますが、Sランクのラストテンツクに転生して使います。

素早さが非常に高く、コメットダンスでみりょうを狙ったり、賢さもあるので呪文を覚えさせてにおうだち突破によく使われています。

星降りのサンバでみかわし70%にできるのもここぞという場面で役立ちます。

ただ、速攻系なので出来れば☆4+4にしたく、5体ではちょっと物足りなさがあります。

5位 ミニモン(A)

素早さが非常に高く、ぎゃくふうを持ってることが特徴です。

ちこくまの特性が発動すると行動が最後になってしまうので、精霊の守りやマインドバリアなど先制発動特技を付けるのが定番です。

このウェイトでヴェルザーやアレフガルドといった強力な息モンスターを対策できるのは優秀ですね。悪魔パーティに入れてアタッカーとしても使えます。

6位 カンダタきりこみ隊(A)

しっぷうもろばづきで先制攻撃ができ、AI2回行動で追撃までできるのが強みです。

天空のつるぎを装備させて、におうだちにかかった天界の守りなどのバリアや呪文防御などのバフを剥がす役割としてよく使われます。

装備ありきなところがあるので、本当の意味で初心者だと装備がなくて使いこなすのは難しいかもしれません。(わたぼうポイントがあれば交換できます)

7位 ブルドーガ(S)

討伐Sランクでにおうだちを持っているモンスターです。

同じウェイトだと、ちいさなメダルでいつでも交換できるスラキャンサーの方が耐性が良くて使いやすいですが、ブルドーガの方がボーナスポイントが付きやすいです。(討伐王だけに限って言えばボーナスが一律なのでメリットとはいえないです)

におうだちのバリエーションとして持っておいて損はないです。

?

8位 レオパルド(S)

S以下限定ルールの常連っていう感じでしたが、ぎゃくふう持ちで魔犬のツメで眠りを狙えることから、わりと今の環境で使われているモンスターです。

ぎゃくふう持ちはとりあえず確保しておく価値ありですね。

9位 コドラン(A)

ドラゴンパーティの低ウェイト要員として優秀です。

マスタードラゴンと組み合わせることで使い手が付与され、弱点を突いて大ダメージを狙えるようになります。

アギロゴスと組んでおちょうしもののデメリットを消すのが流行りました。

10位 バルザック(S)

昔は討伐Sの中で最強なんじゃないかというくらい強かったモンスターです。

そのため討伐Sにも関わらずウェイトが16に設定されています。今だとそこまで強いわけではないので14に戻してあげて欲しいです・・。

ひん死で耐えて衝撃波で会心の一撃が出た時の気持ちよさはバルザックならではですね。

11位 ビュアール(S)

亡者の執念で行動保証されていて、イオナズンでそこそこいい火力を出せます。

せっかくインテが発動しても執念状態になると切れてしまうのがもったないところです。

12位 ズイカク&ショウカク(SS)

唯一のSSランクモンスターです。1体交換するのに500枚も必要になり、1体までしか交換できません。

におうだち系モンスターは耐久力が重要になるので、さすがに無☆では厳しそうという意味で順位を下げました。

悪魔5体のパーティに入れるとつねにおいかぜが発動するので、そういった面での差別化はできます。

13位 ムーンキメラ(A)

Aランクでありながら素早さ10%アップのリーダー特性を持つ貴重なモンスターです。

特技カスタマイズに専用のミラクルエッグが必要になるため、本体だけ交換してもあまり使い勝手がよくないというのが欠点です。

なので今回の交換での優先度は低いです。次回のイベント復刻でタマゴと一緒にゲットした方がいいでしょう。

14位 ゴールデンコーン(A)

昇天斬りとブレイクアタックを使えるモンスターです。魔獣パーティの低ウェイト要員として使えます。

討伐王決定戦でヤマクイをメインにするならありかもですが、そもそも初心者がヤマクイを集められるものでもないし、普段のルールで魔獣パーティは絶滅しています。

そしてこれもとくぎ転生にミラクルエッグが必要になるため、本体だけ交換しても使い勝手が悪いです。

まとめ

役割ごとに分けると・・

  • みがわり:スカルナイト、凶スカルゴン
  • におうだち:ブルドーガ、ズイカク&ショウカク
  • 速攻:テンツク、ムーンキメラ、ミニモン
  • 系統:コドラン、シャンタク、ゴールデンコーン、レオパルド
  • 火力:バルザック、ビュアール
  • 疾風:カンダタきりこみ隊

こんな感じでしょうか。

討伐王決定戦では、おそらく暗黒の魔人を中心とした耐久パーティと、ホアカリを中心としたスライム速攻パーティに分かれると思います。

ズイカク&ショウカクの会心撃はみかわし無視の防御無視なので、意外と刺さりそうな感じはしますね。魔神のかなづちがあれば暗黒キラーになれるかもしれません。

バルザックの衝撃波も会心が狙えるし、みかわし無視なのでホアカリの70%みかわしも関係ないです。そう考えるとありな気がしてきますね。

もし交換できる討伐モンスターを中心に組むのであれば、テンツク、レオパルド、ゴールデンコーン、ブルドーガで魔獣パーティでしょうか。

このパーティを組むなら、なんとかヤマクイを集めてメインアタッカーにしたいところではあります。

討伐王決定戦のためではなく、普通に長く使えるモンスターが欲しいのであれば、スカルナイトを交換しておけば間違いないです!

▽開催中のイベント

ランクエ「人魚の試練」が開催!
72時間限定ハーフアニバーサリーフェス開催!!

ランクエ「人魚の試練」200万ポイントパーティ!

復刻版「偽りのパラダイス」を攻略!

復刻版「騒乱の竜宮城 襲来級」を攻略!

2021年7月版 呪われし魔宮 魔獣7個、深部神獣なし、体技の証入り

▽最新記事