DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】超魔王・超伝説リセマラランキング!2021年5月 GWから始める人向け

DQMSLのリセマラ

FFBEコラボや、GWアルティメットキャンペーンで興味を持って新たにゲームをスタートした人、もしくはずっと前にプレイしていて久しぶりにインストールしてみた人、けっこういるのではないかと思います!

せっかくやるなら、リセマラで強力なモンスターを手に入れたい!とは誰もが思うことですね。

2021年5月の時点の環境で、何も持っていない状態からスタートするならどのモンスターを手に入れるべきなのか、リセマラにオススメの最強モンスターを紹介します!

リセマラのやり方

ソシャゲ慣れしているプレイヤーにとっては常識だと思いますが、まずはリセマラについて説明します。

最初にもらえるジェムでふくびき(ガチャ)を引いて、結果が気に入らなければアプリをアンインストールして再度インストールします。

何度もふくびきを引き直し、納得の結果が出るまでこの作業を繰り返すことをリセマラといいます。

所要時間の目安は以下のようになります。機種や通信環境によって前後するので参考程度にしてください。

  1. アプリのインストール(約1分)
  2. チュートリアルのスキップ(約1分)
  3. データのダウンロード(約5分)
  4. ジェムをかき集めてふくびきを引く(約2分)
  5. アンインストールして1に戻る(約1分)

こんな感じで、1回のリセマラサイクルは10分くらいです。

昔はチュートリアルもやらないといけなかったのでもっとかかりましたが、チュートリアル(ダンジョンとふくびきの説明)をスキップできるようになり、大幅に時間を短縮できるようになっています。

データのダウンロードが1.7GB以上あるので、ここが一番時間がかかるところですね。非常にデータ容量が多いため、くれぐれも通信はWi-Fi環境で行いましょう。

また、ふくびきの演出はオプションで「まほうの地図獲得時などの結果演出を省略する」にチェックを入れることで、1枚ずつではなく10枚一気に表示できるようになります。

リセマラ結果をキープする方法

引き継ぎ設定をすると、データを保持しつつリセマラを続けることができます。

やり方は以下の通りです。

【メニュー>データの引き継ぎ>あいことばで引き継ぎ>あいことばの設定>ひらがな4~8文字設定】

秘密のパスワードとあいことばをメモしておき、再インストール時に「ゲームデータ引き継ぎ」を選択し、メモしておいた2つを入力すれば続きから始めることができます。

そこそこいい結果が出たけどもうちょっと頑張ってみたい時は、引き継ぎ設定でキープしておくといいでしょう。

初期の持ち物

リセマラ初期の持ち物

冒険スタンプを開いたり手紙を見るだけで、記念品のジェムやふくびき券がもらえます。

開始した時期によって異なりますが、GWの今だとこんな感じになります。

  • チュートリアル終了:3000ジェム
  • 7周年をお祝いしよう:10000ジェム
  • ハッピーバレンタイン:1000ジェム
  • 勇者アバンと獄炎の魔王発売記念:1000ジェム
  • アスラゾーマ登場記念:1500ジェム
  • 闘拳の姫と獅子登場記念:3000ジェム
  • GWアルティメット10連ふくびき券:1枚
  • SS神獣まほうの地図交換券:1枚

ゲーム開始時点で19000ジェム以上もあり、1回3000ジェムの10連ふくびきを6回も引ける状態です。

神獣交換券はリセマラが終わった後に、手に入れられなかったモンスターを補うのに使用するといいです。

交換オススメモンスターについても記事後半で紹介しています。

超魔王について

リセマラでぜひとも狙いたいのが超魔王です。

基本的にSS~Aランクは金色の地図で出てきますが、超魔王だけは紫色の地図から出てきます。

初心者にはわかりづらいところなんですけど、「りゅうおう」と「悪の化身りゅうおう」は見た目や名前は似ていますが全く別のモンスターです。

超魔王と呼ばれるのは、紫色の地図から出る「悪の化身りゅうおう」を指すので注意してください。

超魔王は期間限定なのでいつでも手に入るわけではなく、できれば超魔王が出る期間中にリセマラをした方が効率がいいです。

ただ、超魔王が出るふくびきがいつ開催されるのかは決まっていないので、はじめたいと思った時期に超魔王が出ない場合もあると思います。

そういう時はリセマラを最低限にとどめてジェムを温存しておき、おいしいふくびきが開催された時にまとめて引くのがいいと思います。

その他の期間限定モンスター

細かい説明は割愛しますが、DQMSLには期間限定でしか出現しないモンスターがけっこういます。

超魔王、超伝説、神獣王、系統の王、レジェンド、深淵の魔王、水着、ブレイク、コラボモンスターなどです。

GW期間中に狙える限定モンスターは、超魔王、超伝説、深淵の魔王、FFBEコラボです。

どのふくびきを引けばいいのか

48時間限定 イフリート&シヴァ
48時間限定 深淵の魔王・七幻神

GW期間にゲームを開始すると、2つの48時間限定ふくびきを選べます。

これは初回ログインから48時間以内に引かないと消滅してしまう時間限定のふくびきになります。

どちらのふくびきもS以上確定が2枠あって、最低限の当たりが約束されています。

イフリート&シヴァのガチャはFFBEコラボモンスターが出て、深淵の魔王・七幻神のガチャは深淵の魔王が出ますが、超魔王や超伝説はどちらも出ません

FFBEコラボにしても、深淵の魔王にしても、リセマラで狙うべきかというとちょっと微妙なところですね・・。

GWアルティメット10連

最もリセマラに適しているのは、配布でもらえるGWアルティメット10連ふくびきです。

10枚全てがS以上確定で、なおかつ超魔王や超伝説モンスターが出ます

このふくびきでリセマラして、いい結果が出たらジェムで48時間を数回引くといいでしょう。

48時間ふくびきは必須ではないので、戦力強化を急がないならおいしいふくびきが来るまでジェム温存でもいいかもしれません。

GW期間中は金地図確定ふくびき配布もあるので、あまり引きすぎても育成が追い付きません。

リセマラランキング 超魔王・超伝説編

リセマラで手に入れたい超魔王・超伝説について紹介していきます。

2020年5月時点では、コラボ限定を除いて6体の超魔王と、2体の超伝説が実装されています。

  • 悪の化身りゅうおう
  • 狂神官ハーゴン
  • 滅びの王ゾーマ
  • 魔族の王ピサロ
  • 老王デスタムーア
  • 崩壊の王ウルノーガ
  • 古のアレフガルド
  • 闘拳の姫と獅子

当たり順に解説します。

※あくまで基準はリセマラで手に入れるべきかどうかであり、強さランキングとはちょっと違います。

1位 滅びの王ゾーマ

滅びの王ゾーマ

リセマラで狙うなら、滅びの王ゾーマ(通称:超ゾーマ)が一番オススメです。

超ゾーマは呪文アタッカーとしては最上級のモンスターで、クエスト攻略においてはリーダー特性の強さや、氷獄招来の火力の高さから必須級のモンスターです。

超ゾーマはマスターズGPでも強いですが、速攻型なので☆4にしないと活躍させにくいです。

初心者はGPよりもまずはクエスト攻略が目標になるので、呪文パーティで必須の超ゾーマは最初に手に入れるべき超魔王といっていいでしょう。

2位 古のアレフガルド

古のアレフガルド

アレフガルドの伝説(通称:アレフ)は初心者にもオススメできるモンスターです。

クエストではベギラマの剣でものすごい高火力を出すことができ、マスターズGPでは王女の愛で全体全回復ができます。

1度倒されてもHP満タンで勇者だけの状態になってダメージ70%軽減バリアが付き、そのまま行動できるのが強みです。

何もできずにやられてしまう、っていうことが起きにくいです。

超魔王に比べて超伝説の方が入手機会が少ないのも、リセマラで手に入れたい理由のひとつです。

3位 崩壊の王ウルノーガ

崩壊の王ウルノーガ

崩壊の王ウルノーガ(通称:超ウルノーガ)は、転生するとウルノーガ&ウルナーガという全然違う見た目のモンスターになります。

ゾーンに入るたびにHP・MPを回復でき、ダメージ軽減が強力で非常に耐久力が高い超魔王です。

ゾーンに入るまでどうやって耐えるか、ゾーンを維持しながらどう戦うか、が重要になり、受けるダメージを計算しながら戦わないといけません。

マスターズGPにおいては超魔王の中では頭ひとつ抜けていて、アレフガルドの伝説と組むとものすごい強さを発揮します。

転生後に陰惨な暗闇を引き継げばクエストで呪文アタッカーとしても使えるので、マスターズGP、クエストどちらでも活躍することができます。

4位 悪の化身りゅうおう

悪の化身りゅうおう

悪の化身りゅうおう(通称:超竜王)は超魔王としては最も古く実装されたモンスターですが、息が長く人気の超魔王です。

マスターズGPでは変身するまでに2ターン耐えなければいけないのが扱いにくいところですが、変身さえしてしまえば終焉の炎で焼き尽くすことができます。

クエストでも会心確定の覇者の竜牙が非常に強力で、リーダー特性も優秀なことから出番は多いです。

☆を重ねなくてもそこそこ強力なのも人気の理由です。

5位 狂神官ハーゴン

狂神官ハーゴン

狂神官ハーゴン(通称:超ハーゴン)は、倒されても自動的に復活し、確実に変身できる超魔王です。

呪いをばら撒くことで特技の威力を上げたり、相手を状態異常にかけることができます。

変身後には防御力が3倍になるため、物理メインのパーティだと超ハーゴンに出会っただけで詰んでしまうことすらあります。

ただ、最近は超ハーゴン対策が色々と増えてしまい、変身したからといって勝てないことも多くなってきました。

変身前の暗黒弾、変身後の邪神の乱撃は、どちらも最強クラスの特技ですし、クエストで活躍することも多々あります。

無☆でも使える超魔王という意味ではトップクラスかもしれません。

6位 老王デスタムーア

老王デスタムーア

老王デスタムーア(通称:超ムーア)は、3段階の変身が出来る超魔王です。

ただ、2段階目のムキムキ形態があまり強くないので、3段階目まで変身できることはめったになく、実際は1段階目のおじいちゃん形態のまま戦う人の方が多かったりします。

主力特技をMP0で使うことができ、邪悪なめいそうでHPとMPを回復したり、好きなタイミングで変身もできるので、意外とクエストでも使い勝手が良かったりします。

ある意味、戦力が整っていない初心者にとっては使いやすい超魔王といえます。

7位 闘拳の姫と獅子

闘拳の姫と獅子(ランクS)

剛拳の姫と獅子(通称:アリーナ)は、アレフガルドと同じように1度倒されてもアリーナだけになってHP満タンで復活してそのまま動けるモンスターです。

ただ、アレフガルドほど万能感はなく、行動保証がある強めのモンスターっていう位置づけです。

体技アタッカーとしては最強クラスで、体技でクエストを攻略する際には持っていると大幅に戦力アップができます。

8位 魔族の王ピサロ

魔族の王ピサロ

魔族の王ピサロ(通称:超ピサロ)は、戦闘中の行動によって変身先が変化する超魔王です。

実際には、いてつく乱舞の使い勝手がいいため、異形の王デスピサロに変身することがほとんどです。

素早さのステータスが非常に重要になるモンスターで、☆を重ねないとあまり使い勝手がよくありません。

クエストでは使いどころがあるので、ハズレというほど弱いわけではないです。

常設の魔王モンスター5選

48時間限定ふくびきや、配布の金地図確定では常設の魔王を狙っていきましょう。

特に手に入れておきたい魔王をピックアップします。

ラプソーン

新生転生すると暗闇の流星を覚えることができ、全呪文の中でも最強クラスに強いです。

確定呪文防御ダウン効果があるため、後続の呪文アタッカーの火力アップにつなげることができます。

クエストで使えることはもちろんのこと、マスターズGPでもけっこう強いです。

大魔王マデュラージャ

クエスト攻略の定番魔王で、今でも十分スタメンで使っていけます。

超ゾーマとラプソーンが揃っている場合は優先度が下がりますが、属性の関係で活躍する場面は違うので、1体は持っていた方がいいです。

マスターズGPでは基本的に使えません。

ドーク

マスターズGPでもクエストでも使える魔王です。

ぬすっと返しで体技・踊りを反射、奈落の風でバギ呪文+眠りが使えて、活躍の場が広いです。

高難易度クエストでもけっこう良く使います。

ダークドレアム

物理アタッカーとしては最強の魔王です。

実装されてから結構な年月が経っていて、今の環境では少し微妙なところがあります。

最近の高難易度クエストでは使わないことも増えてきたし、マスターズGPでも戦力不足は否定できません。

クエスト周回だったり、みんなで冒険だったり、使うことはまだまだ多いので、持っておいた方がいいとは思います。

エルギオス

マスターズGPで一番人気の魔王です。

ただし、素早さが重要になる性能なので、1体だけ手に入れても実戦で使えるかは微妙です。

☆4になれば最強の一角になるので、その足掛かりとしてゲットしておきたいです。

ちなみに、天使の理は物理ダメージを100%回避する強力な特技で、中にはこれを使っているだけで完封できるクエストもあります。

なのでマスターズGPですぐに使えなくても活躍の機会はあります。

SS神獣まほうの地図交換券5選

こちらも新規プレイヤーに自動的に配布されるものです。

神獣というカテゴリの中から好きなモンスターを選んで交換することができます。

全ての神獣を交換できるわけではなく、SS神獣まほうの地図交換券が実装された当時の最新であるJESTERまでしか交換することができません。(クエスト人気神獣のフレイシャは交換対象外になります)

ギスヴァーグ

クエスト攻略の便利モンスターです。呪文パーティを組む時はとりあえず候補に入ります。

ダークアーマーで色々と防御バフをかけたり、ディバインフェザーで呪文防御を下げたり、自らアタッカーとしても動けます。

軍神トガミヒメ

鬨のふえで全員にピオラとバイキルトを付与することができ、物理パーティのバフ役として欠かせません。

いやしの雨で回復力が高く、自動MP超回復の特性でMPが全く尽きないのも使いやすいところです。

かみさま

マスターズGPで非常に使いやすい神獣です。

天界の守りで味方1体のダメージを90%軽減できるのですが、これをにおうだちと組み合わせる戦術が強いです。

ザオリーマで全体を蘇生しつつ全回復もでき、どちらを使うかの読み合いに勝てば格上プレイヤーにも勝機があります。

武神クニクズシ

会心の極意というチート級の特性を持っていて、やたらと会心の一撃を出すことができます。

不屈の闘志&ひん死で会心&二天流・背水斬のコンボは、運だけで勝てる可能性を秘めています。

海冥主メイヴ

クエストでもマスターズGPでも強力な神獣です。

ヒャド呪文使いということで、クエストでは超ゾーマやグレイツェルと相性がいいのもポイントです。

マスターズGPでは動けば強い鈍足高火力の典型的なモンスターで、☆を重ねなくても十分な強さを発揮できます。

その他のオススメモンスター

GW期間中には入手できるふくびきがないですが、ここまでに挙げた以外のオススメモンスターも載せておきます。

これらのモンスターをゲットする機会がやってきた時のためにも、ジェムは使い切らずに温存しておくといいです。

神獣王ケトス(神獣王)

神獣王の防壁で状態異常を防ぎつつ、呪文防御と斬撃防御を上げることができます。

高難易度クエストやマスターズGPで大活躍します。

MPを無尽蔵に使えるのもポイントです。

怪竜やまたのおろち(レジェンド)

クエストをブレスで攻略する時に必須級になるモンスターです。

現状、伝説おろちを上回るほど火力を出せるブレスアタッカーは他にいません。

紛らわしいですが、通常のやまたのおろちが転生してレジェンドになるわけではありません。(通常のやまたのおろちはキングヒドラになります)

邪教の使徒ゲマ(レジェンド)

レジェンドモンスターのゲマです。こちらも通常のSランクのゲマから転生できるわけではなく、まったく別モンスターなので注意です。

玄人向けのモンスターが多いレジェンド枠ですが、ゲマは使い勝手が良く、無☆でも活躍できるため人気が高いです。

ファラボーン(系統の王)

転生するとラザマナスになり、マスターズGPで非常に強力なモンスターです。

ゾンビ系モンスターを確定で執念状態にする特性を持っていて、Cランクのゾンビですらパーティに組み込めるようになります。

カウント2を付与するホラーブレスは、無属性無効の超魔王すら即死させることができます。

オケアノス(系統の王)

転生するとポセイドンになり、同じくマスターズGPで使えます。

自然パーティは耐久力が非常に高く、戦力が揃っていなくて速度で対抗できない人でも勝ち目があります。

即死や蘇生封じに弱く、立ち回りは簡単ではないですが、持っているとパーティ構成の幅を広げることができます。

まとめ

リセマラでは超ゾーマ、アレフガルド、超ウルノーガあたりを狙うのがオススメです。

GWアルティメット10連でどれか1体を引けるまではがんばりたいところです。

2体以上同時に引くのはかなり厳しいですが、根気があれば挑戦してもいいと思います。(アンケートによると10連で超魔王・超伝説を2体引ける確率は1%程度)

マスターズGPは環境がすぐに変わってしまい、モンスターの旬も短い傾向があるので、あまり最初からGP向けモンスターを狙いすぎない方がいいと思います。

まずは寿命が長いクエスト向きのモンスターを揃えるのがオススメです。

高難易度クエストをクリアできるようになる頃には戦力(モンスターだけでなくスキルのたねや装備)も揃ってくるので、それから本格的にマスターズGPに挑戦するのがいいと思います。

DQMSLは7周年以上続いていて、ソシャゲの運営期間としてはかなり長い方です。

そのためシステムが複雑になっているところがあり、初心者には理解不能な部分も多いと思います。

全てをやりこもうとすると大変すぎて嫌になってしまうかもしれないので、自分が楽しめるところから徐々に範囲を広げていくくらいの感じで遊ぶのがいいと思います!

▼リセマラ後の進め方はこちら

▽開催中のイベント

「深淵の溶岩洞」「深淵の魔竜に挑戦」開催!
「48時間限定星降りの生誕ふくびき」開催!

「深淵の魔竜に挑戦」全ミッション攻略!物質縛りとS以下縛りがむずい!

「深淵の溶岩洞」をSランク以下で攻略!5ターンミッション!

「トーポの試練」を攻略!3ターンで皆伝!

2021年10月版 呪われし魔宮 魔王なし20個、ドラゴンS縛り4個、W120で???なし12個

▽最新記事