DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】「モルボルグレート」は使える?くさい息で状態異常を付与する確率を検証してみた!

モルボルグレート

モルボルグレート

FFBEコラボイベント、モルボルパニックではモルボルグレートを仲間にすることができます!

モルボルといえばくさい息であらゆる状態異常を使ってくる敵で、DQMSLでもしっかり再現されています!

また、今までのFFBEコラボモンスターは全て???系でしたが、モルボルは自然系となっているため、系統パーティに組み込むことができます。

モルボルグレートはどのように使えるのか考察します!

くさい息(MP70)

全体に無属性の息ダメージを与え、確率で猛毒・ねむり・混乱・マヒ・マヌーサ・マインドを付与する特技です。

威力は+3で100ダメージ程度ですが、とにかく状態異常の種類がすごいです。ゴルゴナの腐・病・葬・怨・魔でもマヌーサまでは付与できません。

気になるのは、どの程度の確率で成功するかですね。状態異常の成功率でモルボルグレートの価値が決まるといってもいいです!

くさい息使った結果

各種状態異常耐性が全て等倍の巨竜たちにくさい息+3を使ってみました。

マインド・封じ無効を上位はどうで剥がし、全てが通る状態で10回(50判定)試してみました。

  • ねむり :9/50(18%)
  • 混乱  :3/50(6%)
  • マヒ  :6/50(11.8%)
  • マインド:3/50(6%)
  • 猛毒  :23/50(46%)
  • マヌーサ:8/50(16%)

結果はこんな感じです。

猛毒だけは半分近く入って、それ以外はそこまで高くはない印象です。

1個ずつの確率は高くなくても、複数判定があるので、状態異常耐性が弱い相手には何かしらは入るって感じでしょうか。

検証していて気付いたんですが、猛毒とマヌーサは他の状態異常と同時にかかることがありますが、それ以外の行動ができなくなる状態異常は複数同時に入ることはありません。

なので、巨竜相手の検証だと複数の状態異常判定が起きなくなってしまうため、実際の成功率よりも若干下がってしまうはずです。

もうちょっと正確に検証してみます。

くさい息検証

チョコボ(眠り等倍、混乱・マヒ無効)
グレイツェル(混乱等倍、眠り・マヒ無効)
デスソシスト(マヒ等倍、眠り・混乱無効)

この組み合わせにマインドバリアをかけ、いてつく眼光でメタルカイザーのみ剥がしてマインド判定を調べ、巨竜は猛毒とマヌーサ判定のみ計測します。

  • ねむり :5/50(10%)
  • 混乱  :6/50(12%)
  • マヒ  :7/50(14%)
  • マインド:3/50(6%)
  • 猛毒  :25/50(50%)
  • マヌーサ:6/50(12%)

このような結果になりました!

猛毒が半分くらいなのと、マインドだけ低いのは変わらずです。

それ以外はけっこう上下がありますが、平均すると10%程度に収まりそうです。

実際使える?

モルボルグレートは素早さが非常に遅いので、ポセイドンの太古の舞踏で状態異常バリアを剥いでからくさい息を撃ち込めるのが強みです。

前者の巨竜パーティのように状態異常耐性がほとんどない相手なら何かしらの状態異常が入ります。

しかし、実戦ではそのようなスカスカ耐性のパーティは存在しません。後者のパーティに対しては、猛毒以外の入りはあまりいいとは言えなかったです。

今回の検証はあくまで等倍に対しての結果なので、半減や無効も混ざってくるとちょっと厳しくなりますね。

ちなみに、他の状態異常特技の体感的な確率ですが、メダパニダンスが2~3割程度、メダパニブレスが4~5割程度です。

そう考えると1割ってのは低いんですけど、複数の状態異常判定あるので、相手の耐性に関係なく撃てるってのはメリットと言えるでしょう。

複数状態異常が狙える特技の欠点でもあるんですが、特技選択時に相手の状態異常耐性を見ることができません。(1個でも弱いがあるとそれのみ表示されます)

例えば先ほどのメタルカイザーはマインドとマヌーサしか通らないですが、耐性表示が出ないので一見するとなんでも通るように見えちゃうんですね。

こういうところも体感的な成功率の低さに関係してくると思います。

その他の特技

モルボルグレートはクリスタルで特技をカスタマイズすることができます。

転生前からみだれうちを引き継げますが、攻撃力が低いので引き継がない方がいいでしょう。

賢さが高く、呪文を使いこなすことができます。

  • レイズ(アレイズ)
  • エスナガ
  • ケアルラ
  • ホーリー
  • フレア
  • カウンター
  • 雷電波

候補となるのはこの辺りでしょうか。

自然パーティで運用するのであれば、レイズ、エスナガ、ケアルラを付けられるのが大きいですね。

高い賢さを活かして攻撃呪文も相性がいいし、カウンターで粘ってもいいし、レベル依存体技の雷電波も使えます。

ステータス

  ☆0 ☆4+4
HP 548 659
MP 232 281
攻撃 208 255
防御 476 574
素早さ 182 223
賢さ 361 438

ステータス配分は、鈍足の高防御・賢さ型です。

防御力が高いわりにHPはそこまで高くないのはちょっと気になるところです。

自然パーティは系統バフで防御力が上がるので、どっちかというとHPの方が欲しかったですね。

素早さは自然系の中でも特に遅く、ポセイドンよりも後に動けるのはいいんじゃないでしょうか。

耐性

メラ 弱い ザキ 半減
ヒャド 吸収 マヌーサ  
ギラ   マホトーン  
バギ   無効
イオ   眠り  
デイン 半減 混乱 半減
ドルマ 半減 マヒ 無効

メラに弱くてギラも通って、ヒャドに強くてザキ半減っていう自然系によくあるパターンです。

イオも通るので、自然の天敵であるフォロボシータにザキを通されなかったとしてもダメージで押されます。

状態異常特化のモンスターなんだし、もうちょっと状態異常に強くても良かったのでは・・?という気はしますが、討伐モンスターだしこんなところでしょう。

特性

  • モルボルボディ
  • 消化液

モルボルは特性が本体といってもいいくらい特性が強いです。

モルボルボディで、攻撃してきた相手を攻撃ダメージ50%減少状態にすることができます。(マ素浸食とか、魔壺の呪縛と同じ、ちからための反対バージョン)

あれを攻撃してきた相手に付与できるってかなり強いです。

さらに、消化液の特性で、ラウンド開始時にHPが50%以下だと、敵全体の攻撃力・防御力・素早さ・賢さを、確率で1段階下げることができます。

どちらの効果もいるだけで厄介で、シャンタクみたいに防御してるだけで仕事するタイプのモンスターといえるでしょう。

なお、反撃系の効果は1個しか発動しないので、アマカムシカと組んだ場合は天風のたづなが発動せず、モルボルボディが優先されます。

リーダー特性

  • 全ダメージ8%軽減

ツイストーチと同じリーダー特性です。

超ハーゴンみたいに軽減率が20%とかだと別物ですが、ダメージ軽減系のリーダー特性を使うことはクエストでもGPでもほぼないです。

まとめ

モルボルはくさい息の状態異常付与率が思ったほど高くなかったですが、複数判定があるので何かしら入ればラッキーという感覚で使う分には悪くないと思います。

クリスタルでカスタマイズしやすいのがメリットで、おまけ超マスや系統強化タマゴを持ってなくてもレア特技を付けることができます。

そしてモルボルの本体は、モルボルボディの攻撃ダメージ減少と、消化液の自動デバフですね。

1ターン目ににおうだちを崩されて中身まで攻撃を受けたとしても、置きザオリクで建て直せば、2ターン目はモルボルボディや消化液の効果でダメージを抑えることができ、系統バフが強化されるまで耐えやすくなります。

自然パーティはオメガが溢れる今の環境は厳しくなっていますが、モルボルボディで超はどうほうの威力を弱め、エスナガで継続ダメージ解除って考えると対抗できなくもないような・・?

今すぐ使えるかどうかというと難しそうですが、独創的な特性の組み合わせであることは間違いなく、制限や環境次第では活躍する可能性を秘めているモンスターだとは思います!

▽開催中のイベント

「小さな竜の大芝居」開催!スタドラ登場!
「1週間限定超伝説登場記念ふくびき」開催!

「トーポの道」地獄級&襲来級を攻略!

「トーポの試練」を攻略!3ターンで皆伝!

「竜の秘境」地獄級3ターン&みんぼう1ターンで攻略!

2021年9月版 呪われし魔宮 討伐縛り8個、ドラゴン縛り12個、スライム縛り13個

▽最新記事