DQMSL攻略!黒豆ブログ

DQMSL(ドラゴンクエストモンスターズスーパーライト)をやっている黒豆パンのブログです

【DQMSL】「栄光のマント」を+15まで効率よく強化する組み合わせ!「栄光の盾」はわたぼうポイントに強化素材あり!

栄光のマントと栄光の盾

栄光の盾

9周年杯開催時に、栄光の盾と栄光のマントの強化上限が+15まで上がりました!

りゅうおうの杖と同じように、錬金効果を2個つけられるようになります!

黒のオーブには強力な錬金効果が多いので、組み合わせ次第で強力な装備が作れるかもしれません!

強化素材の入手方法や、強化素材がどのくらい必要になるのかなどまとめます!

 

強化優先度はそれほど高くない

りゅうおうの杖はオリハルコンを使って急いで+15を作った人が多いと思いますが、栄光装備は急いで強化する必要はありません。

りゅうおうの杖は上限解放時に装備の性能自体が上方修正されてリザオラルがHP最大復活になり、竜王を大幅強化する追加で咆哮や咆哮ダメージアップの錬金素材が追加されました。

そして竜王自体が全く使われていなかったこともあって非常に高いボーナスが付いたため、旬な時期を逃さないために急いで強化する意味があったわけですね。

栄光装備は固有効果自体は変わってないし、ウェイト0で装備できるモンスターがいるわけでもないし、相性がいい錬金素材が追加されたわけでもありません。

そのためりゅうおうの杖のように急いで強化する必要はなく、できるだけ強化素材を無駄なく使った方がいいです。

強化素材の入手方法

栄光強化のマント

栄光強化のマントは、レジェンドふくびきGPで入手することができます。

このふくびき券は栄光のうでわと共用になっていますが、今回新たに追加された栄光のうでわの方が優先度は高いので、うでわを先に引きましょう。

前回マントのふくびきに設定したままだと、BOXを切り替えないとうでわが出てこないので注意です。マントのまま100連引いちゃうと取り返しがつきません。

BOX切り替えができない場合、1回ずつ特等のマント強化を1個でも取れば切り替えられるようになります。

2つのふくびきBOXは特等以外の内容が同じなので、栄光のうでわが+7までできたらすべてマントに使っちゃっていいと思います。

なお、レジェンドふくびきGPに栄光の盾はなく、強化素材も手に入りません。

栄光の盾

栄光の盾、栄光強化の盾はわたぼうポイントで交換することができます。

強化素材1個20ポイントはいいんですが、60個までしか交換できないんですよね。

+15まで強化するのに60個では全然足りないので、結局オリハルコンを使わないと+15にすることはできません。

レジェンドふくびき券GP

レジェンドふくびき券GP

レジェンドふくびき券GPは、ウィークリーの順位報酬でもらえるほか、ウィークリーの勝利数でももらえます。

これ自分は完全に見落としてたんですが、たまたま100勝していたので1週目はすべて獲得できていました。

2週目以降も取り逃さないように100勝まで達成しておきたいですね。

1週で手に入る最大枚数としては、マスター3で53枚、100勝で100枚で、合計153枚になります。

強化値による成功率

+10以降の強化成功率はこのようになっています。

  +0 +1 +2 +3 +4 +5 +6 +7 +8 +9 +10
+0 100                    
+1 65 100                  
+2 40 65 100                
+3 25 40 65 100              
+4 16 25 40 65 100            
+5 10 16 25 40 65 100          
+6 6 10 16 25 40 65 100        
+7 4 6 10 16 25 40 65 100      
+8 3 4 6 10 16 25 40 65 100    
+9 2 3 4 6 10 16 25 40 65 100  
+10 2 3 4 6 9 14 20 30 80
+11 2 3 4 6 9 14 20 30 80
+12 2 3 4 5 7 12 18 24 60
+13 2 3 4 5 7 12 18 24 60
+14 2 3 4 5 7 12 18 24 60

※マスターボードの装備強化率アップを含めていません

+10以降は+0素材を使っても2%固定なので、極論を言ってしまうと+0素材を50個使うのが一番効率がいいです。

1週で最大153枚のふくびき券が手に入り、強化BOXに入っている素材が50/175=28.5%なので、1週あたり43.6個の強化素材が手に入る計算になります。

強化の運が良ければ1週目で栄光のうでわを完成させられるので、残り4週はすべて栄光のマントに使えます。

リセットするタイミングで増減はありますが、4週で174個は素材が手に入るわけですね。

オリハルコン+10は+12以降に使うと成功率が60%しか付かないので、+11までに使って、+12以降はできるだけ+0素材を使った方がお得です。

ここまでの情報をまとめると

  • +10→+11:オリハルコン+10×1個、強化素材+0×10個
  • +11→+12:オリハルコン+10×1個、強化素材+0×10個
  • +12→+13:強化素材+0×50個
  • +13→+14:強化素材+0×50個
  • +14→+15:強化素材+0×50個

この組み合わせであればオリハルコン+10を2個と、強化素材170個で+15を完成させられます。おそらくこれが一番効率がいいです。

実際はマスタボードの装備強化成功率アップが乗るし、プラス付きの強化素材もでるので、強化素材の数はもう少し減らせます。

ふくびき券が余ったら栄光のうでわを少しでも強化しておくといいでしょう。

まとめ

栄光のマントは毎週100勝きっちりやっていれば+15まで完成できそうなので、とりあえず安心しました。

問題は栄光の盾ですね・・。

強化素材が60個しか手に入らず、プラス値も付いていないので、足りない分は災いの魔境などでオリハルコンをコツコツ集めるしかないと思います。

ただ、錬金効果を2個つけられるようになっても、意外とそんなに相性がいい効果がない気がするんですよね。

ダメージアップ系を錬金しても、追加で咆哮、咆哮ダメージアップみたいなシナジーのある組み合わせってほとんどないです。

ベースが守備系なのに、錬金効果に強力な守備系があまりないというのも微妙なところかもしれません。

  • 呪文ダメージ10%減
  • 斬撃ダメージ10%減
  • 息ダメージ10%減
  • 体技ダメージ10%減
  • いきなりメラ耐性アップ
  • 回復量+20%
  • におうだち・みがわり効果アップ

付けるとしたらこの辺になるのかなと思います。

黒のオーブの錬金効果は別記事にまとめています。